犬にもニキビってできるの?!

犬にもニキビはできるの?

こんにちは!みなさんの愛犬はいぼができてしまったりしていませんか?

 

 

私たちにはニキビというものが出来ますよね、では、犬はどうなのでしょうか?

 

 

犬にもイボなど出来ていますよね、ニキビみたいなイボはどのようなものなのでしょうか?

 

 

 

詳しく解説したいと思います!

 

 

犬のニキビの症状

 

 

私たち人間で言うニキビは、犬の場合「濃皮症」と呼ばれ、皮膚の浅い部分で感染して悪化すると深い部分へと感染していきます。

 

 

初めは毛元に小さく出来ている状態ですが、放置してしまうと、膿がつまった袋がはじけ、膿が出て広がり、炎症を起こしてしまいます。

 

 

これだけでなく、皮がぽろぽろと剥げるような症状がでることも。

 

 

さらに悪化すると脱毛してしまい、激しいかゆみや痛みに襲われます。

 

 

 

濃皮症の原因

 

 

細菌による感染

 

 

皮膚にはたくさんの常在菌がいます。健康なうちでも、なんらかの菌は常に保有しているのです。

 

 

何種類もの菌が一定の数を保ちながら共存することで、病気の原因となり得る菌やアレルゲンによる皮膚トラブルを防いでいます。

 

 

しかし、体調を崩したり、ストレスを感じるなど免疫を低下させるようなことがありますと、常在菌が異常繁殖し、皮膚に症状が現れる場合があります。

 

 

散歩に行ってきた汚れをそのままにしていたり、食事後の汚れを落とさずそのままにしておくと、菌が繁殖しやすいので、濃皮症を引き起こしてしまう可能性が高まります。

 

 

 

アレルギー

 

 

食事のアレルギーが原因で濃皮症ができる場合があります。衛生面はきちんとしているのに、濃皮症ができている場合は、フードを変えるなど対策をしてみてください。

 

 

添加物もアレルギーを引き起こす原因となる場合があります。

 

 

また、食事のお皿がアレルギーを引き起こすこともあります。症状が改善しない場合は、お皿の容器を変えるなどしてみてください。

 

 

 

濃皮症の症状

 

 

さきほどもいいましたが、濃皮症は、表皮や毛穴に炎症が起こる感染症で、表皮内に限られる表在性のものと、より深い場所に感染する深在性のものがあります。

 

 

表在性では、赤みを帯びた皮膚の中心にニキビのような白やクリーム色をした膿が膨らみができ、それが破れ、かさぶたが形成されます。

 

 

また、皮膚の深い部分で感染する深在性では、赤く腫れることもあります。

 

 

 

犬のニキビ、濃皮症の治療方法

 

犬にもニキビはできるの?

 

 

濃皮症の治療は、症状の程度に応じて使い分けます。

 

 

シャンプー

 

 

症状が比較的軽い場合には、薬用シャンプーや抗菌作用のある外用薬を用いて治療します。

 

 

場合によっては、薬を服用せず、シャンプーだけでコントロールが出来る場合もあります。

 

 

 

抗菌薬の内服

 

 

シャンプーや外用薬に反応が無い場合には、抗菌薬の内服によって全身的に治療を行います。

 

 

通常ですと、比較的治療に反応がみられることが多い病気ですが、再三繰り返すようであれば、基礎疾患(ホルモン異常やアレルギー疾患など)の検査、治療が必要となります。

 

 

 

犬のニキビ、濃皮症の対策

 

 

皮膚を清潔に保つ

 

 

皮膚を不衛生な状態にしておくと菌が繁殖してしまうので、定期的にシャンプーやブラッシングをする必要があります。

 

 

体をぬらした後は、完全に乾かし、菌の増殖を防ぎましょう。

 

 

その一方で、シャンプーのしすぎや過度なブラッシングも皮膚にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

 

 

 

食事の見直し

 

 

皮膚のバリア機能を高め、濃皮症にかかりにくくするためには食事の見直しも必要です。

 

 

基本的にはパッケージに「総合栄養食」と記載されているフードと綺麗な水を与えていれば問題はありませんが、おやつなどをあたえている場合は控えることも大切です。

 

 

また、食物アレルギーがある場合には、動物病院へ相談し、アレルギーに対応した療法食に切り替えてもよいかと思います。

 

 

 

まとめ

 

犬にもニキビはできるの?

 

いかがでしたか?

 

 

犬の場合、濃皮症という症状が私たちで言うニキビです。

 

 

愛犬が濃皮症にならないためにも、食事を見直したり、食器などを清潔に保つ。シャンプーをして体を清潔に保つようにしてあげましょう。

 

 

犬の体やお腹に出来やすいので、ニキビのようなものが出来た場合には、動物病院へ相談するようにしましょう。