愛犬の雨の日の散歩は行かなくてはいけないの?

雨の日散歩

犬の雨の日の散歩はどうしたらいいの?

 

 

こんにちは!みなさんは雨の日に愛犬の散歩に行きますか?「ぬれるから行かない」「トイレのために毎日行く」など意見は様々だと思います。

 

 

 

梅雨が近づいてくると散歩に行けなかったりして、愛犬はストレスを抱えてしまっているのでは?と思う方に対策方法をお話したいと思います!

 

 

 

雨の日でも散歩に行かなければいけないの?

 

 

犬と暮らすなら散歩は毎日欠かすことのできない大切な日課です。散歩は犬の運動不足を解消するだけでなく、ストレスの軽減や、他の人や犬に出会って社会性を育むことにもつながるからです。

 

 

しかし、「雨の日でも、どうしても散歩に行かなくてはいけない」のでしょうか?

 

 

 

答えは、「場合によっては行かなくてもいい」です!

 

 

 

ただし、ここで言う「場合によっては」は、人間ではなく犬の都合です。散歩中にしか排泄できず、家にいるときはガマンしてしまう犬の場合、ガマンが病気やストレスに直結するので、どんな天候でも散歩に行かなくてはなりません。

 

 

 

もともと多くの犬は、雨で身体が濡れることなどあまり気にしませんから、大喜びで外に飛び出すはずです。

 

 

 

しかし、家の中でも排泄ができるようしつけられた犬なら、雨の日に散歩に行かなくても、そんなに大きな問題は起こりません。お散歩をせがんで鳴き続けたりしなければ、ご近所迷惑になることありませんしね。(><)

 

 

 

雨の日の散歩の注意点

 

 

 

トイレが家の中でできれば、わざわざ雨の中、トイレに連れ出す必要はなくなります。とは言え、家だとトイレを我慢してしまったり、運動できなくてストレスがたまってしまうことを考えると、お散歩に連れて行きたいものですよね・・・(><)

 

 

 

気をつけることは??

 

 

 

飼い主さんは、さまざまな工夫をして雨の日のお散歩をしていることがわかります。雨の日のお散歩で気を付けることとしては、犬の体をできるだけ濡らさないことです。

 

 

 

たとえば、レインコートを着させる、水たまりの道を避ける、車の水跳ねが犬にかからないようにする、濡れた犬の体を拭くためのタオルを玄関に準備しておく、飼い主さんが傘をさすと手がふさがってしまうため、いざという時にコントロールが効かないので、できれば両手が自由になるレインスーツを着用するなどに気を付けるとよいでしょう。

 

 

 

 

いつもより周囲を見て!

 

 

 

雨の日は、景色が霞んでぼんやりしてしまいがち。なおかつ、レインコートや傘などの雨具を使用しているため、飼い主さんの視野が晴れた日よりも狭くなってしまいます。雨の日のお散歩時は、他の歩行者や自転車、クルマなど、周囲の動きにはとくに注意して歩くようにしましょう。

 

 

 

 

愛犬の肉球が傷つかないように!

 

 

 

雨の中のお散歩では、犬の肉球は常に水にさらされていることになります。長い時間濡れたままの肉球は、ふやけてケガをしやすくなります!

 

 

 

また、雨の日は地面に落ちているものが見えにくくもなるので、愛犬の足元には注意するようにしましょう。

 

 

 

レインブーツなど、足をケアする犬用の靴を履かせることも効果的です。

 

 

 

 

お散歩後のケアは普段より念入りに!

 

 

 

犬用レインコートなどを使ったからといって、犬がまったく濡れないわけではありません。犬の濡れた被毛は不快な匂いの元になるなど、衛生的によくありません。

 

 

 

 

また、濡れて冷えた体は犬の健康にもマイナスとなります。雨の日のお散歩から帰宅したあとは、汚れを落として素早く乾かしましょう。

 

 

  • 乾いたタオルで水分を拭き取る

 

  • 温かいシャワーなどで汚れを落としてシャンプーをする

 

  • ドライヤーでしっかり乾かす。耳周りや四肢の指の間はとくに念入りに

 

  • 丁寧にブラッシングをする

 

 

 

雨の日散歩に行かないで室内で遊ぶのは?

 

 

 

外に出られないと犬はストレスがたまるので、室内でストレスを解消させる必要があります。それには、遊ぶための安全なスペースを確保して、飼い主さんが愛犬と遊べるようにするなど、日ごろから環境を整えておくことが必要です。

 

犬は飼い主さんとコミュケーションをとることが一番のストレス解消になります。ボール遊びでも、引っ張りっこでも、愛犬の好きなことでお散歩に相当する時間、遊んであげてください!飼い主さんは愛犬を退屈させない遊びを普段から探しておくのも大切です!(^^)

 

さらに、散歩に行かない場合はどうしても消費カロリーが減ります。運動量が少ない場合は食事の量を減らしたり、散歩に行けないからといっておやつを容易に与えてしまうと、肥満や偏食の原因になりかねませんので気をつけてください。

 

 

 

 

屋内ドッグランなどを使用して、ストレス解消してあげましょう!

 

 

 

愛犬に「雨日でも運動をさせたい」「でも、散歩に行ってぬれるのは嫌だ」という飼い主さんは、屋内ドッグランに行ってみてはいかがでしょうか!

 

 

一緒に遊ぶことでストレスも発散できて、仲もより深まるのではないでしょうか!(^^)

 

 

 

 

家の中で遊ぶ時の注意点

 

 

 

滑る床には滑り止めマットを

 

 

 

室内で遊ぶ時は、フローリングの滑り止め対策をしましょう。愛犬が滑って怪我をする恐れがあるのと同時に、滑る床は脚に大きな負担がかかるためです。

 

 

 

なので滑り止めマットを引くことで解決できます

 

 

 

危険なもの・食べてはいけないものを片付ける

 

 

 

とがったもの、犬が食べてはいけないもの、倒れてくると危ないものなどを探して部屋を整理しましょう。観葉植物も犬が食べると有害なものがあるので、食べさせないように注意が必要です。

 

 

 

ガラス製品、鉢植えなど、壊れ物がないかどうかも確認しておきましょう!

 

 

 

興奮させすぎない

 

 

 

身体を動かすと犬は興奮しやすくなります。興奮しすぎると飼い主の言葉が耳に入りにくくなったり、手をかんでしまったりすることもあるため、遊ばせすぎないようにしましょう。10分ごとに休憩すると有効的です。

 

 

 

また、老犬の場合は極普通のおもちゃを投げてとってこさせる遊びやオモチャを引っ張り合うだけでも運動になります。

 

 

 

オモチャに興味を示さなくなったらおやつを利用しましょう!

 

 

 

 

外でしか排泄をしない犬のトイレ対策

 

 

 

 

室内での排泄を嫌がり、お散歩のときにしか排泄をしない犬の場合、雨の日の排泄は悩みますよね。

 

 

 

台風のような悪天候時は、外での排泄に危険が伴う場合もありますので、屋内でも排泄ができるようにトレーニングしておいた方が良いかも知れません。

 

 

 

ベランダや浴室にペットシートを敷いて、犬が排泄しそうなそぶりを見せたらそこへ連れて行き、排泄するのを待ちます。うまくできなくても、決して叱ったりしないでください。同じことを何度も繰り返し、うまくできたらたっぷりほめてあげましょう!

 

 

また、ベランダなどに土や草木などを入れたトイレを設置したり、お散歩中の排泄時に決まった声かけをし、その言葉をトイレコマンドとして覚えさせることも有効なトレーニング法といえます。

 

 

 

成犬の場合、少し時間がかかるかもしれませんが、諦めずに気長に続けましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?雨の日の散歩は飼い主さんからすれば大変かもしれませんが、犬からすれば雨など関係なしに散歩に行きたいのですね(^^)

 

 

 

雨の日の散歩に行く方は、行く前にタオルなど帰ってきたときにすぐケアができるように準備しておきましょう!

 

 

 

梅雨の時期に入ると、なかなか散歩にいけない日があるかと思いますが、屋内ドッグランや、ご自宅で一緒に楽しく遊んで少しでもストレス解消させてあげられるようにしましょう♪