犬がおもちゃを渡してくれない?!

犬がおもちゃを渡さない理由

こんにちは!みなさんは愛犬とおもちゃで遊んだりしますか?

 

 

おもちゃやボールなどを投げて、取りに行くけれど、持ってこない。持ってくるけど渡してくれない。などさまざまだと思います!

 

 

では、なぜおもちゃで遊んでいて、おもちゃをくわえたままで渡してくれないのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

 

 

おもちゃを持っているが渡してくれない犬の心理

 

 

まだ遊びたい!終わりたくない!

 

 

おもちゃを使って遊ぶのが大好きな犬は、おもちゃを取られたら遊びの時間が終わっちゃう!と思い、渡さないことがあります。「もっと遊びたい」という心理状態なのです。

 

 

一見かわいい理由ですが、「自分の気が済むまで遊びたい」というわがままな理由でもあるので注意が必要です。遊ぶかどうかを決めるのは飼い主さんであることを教え込みましょう。

 

 

 

引っ張り合いっこしたい!

 

 

離さない限り飼い主さんが引っ張ってくれるから、引っ張り合いっこして遊びたい!

 

 

くわえているおもちゃを取り上げようと引っ張ると、それ自体を遊びと思い込み「離さなければ、引っ張りっこができる」と覚え、目をキラキラさせた状態で渡さなくなることもあります。

 

 

自分が離さなければ遊んでくれるものとすっかり味を占めてしまったようです((+_+))これは手強いですね。

 

 

 

主導権は僕にある!

 

 

これは、犬が「飼い主さんより自分のほうが偉い」と考えている、主従関係が逆転してしまっている困ったケースです。

 

 

飼い主さんをなめている、もっときつく言うならば完全に下に見ているので、犬は「遊ぶかどうかは自分次第」「自分の持ち物に飼い主さんが買ってきてを出すことは許さない」と思っています。

 

 

こうなってしまうと当然、おもちゃや遊びに関係なく犬は飼い主さんのいうことを聞かないので、一苦労ではありますが、主従関係を取り戻さなければいけません。

 

 

渡したら取られるかも・・・

 

 

群れで暮らす犬は、仲間や好きな相手とは自分のものを共有する習慣があります。そのため、飼い主さんの前までおもちゃを持ってくるのは少なからず好意を持っていることを表しています。ですが、離さないのは完全に渡すのはためらわれている心理状態と考えられています。

 

 

飼い主さんを100%信頼できていないので、「渡したら2度と自分の手元に返ってこないかも」という不安や、「大事なおもちゃをあげるほど好きじゃない」という冷めた気持ちがブレーキとなっているのでしょう。

 

 

そんな時は信頼関係を築き直すために、愛犬と遊ぶ時間を増やしたりスキンシップをとったりして、愛犬の信頼と愛情を勝ち得るようにしてください!

 

 

 

私を見て!

 

 

犬は、飼い主さんの愛情や関心を必要とします。長時間ほっとかれたり関心を向けられなかったりすると、寂しくなって「私をもっと見て!かまってよ〜」とアピールします!

 

 

その一つの方法が、おもちゃを飼い主さんの所に持っていくこと。でも実際は、おもちゃを使って遊びたいのではなく、撫でてほしかったり自分に注意を向けてもらいたかったりするのです。

 

 

おもちゃはきっかけでしかないので、渡さずに体を擦り寄せて来ることもあります。そんな時は愛犬の思いをくんで、時間をかけて優しくかわいがってあげましょう。

 

 

どうせ遊んでくれない

 

 

おもちゃでのかまってアピールを飼い主さんに無視され続けると、犬は「どうせ遊んでくれないんでしょ!」「一人で遊ぶからいいもん!!」という諦めの境地に達します。

 

 

そうなると、飼い主さんが遊ぼうとしても愛犬は遊びたがらないという状況になり、おもちゃを渡してくれなくなります。

 

 

ここまでくると虚しいですね…。しっかり反省して、愛犬の心を取り戻すために遊びに誘い続けましょう!最初は無視されても、根気強く同じ時間に遊びに誘ったり、まめに声をかけたりして誠実に愛情を示し続けてください。

 

 

このように、おもちゃを持ってくるのに渡してこない犬は、飼い主さんを心から信頼できていないか、飼い主さんを下に見ているか、飼い主さんへの不満がある場合です。早急に愛犬との関係改善に努めましょう!

 

 

 

そもそも持ってきてくれない

 

ルールがわかっていない

 

 

特別に教えなくてもできる犬もいますが、遊びのルールはしつけと同じで教えてあげないとわからないものです。

 

遊びのルールがわかっていないと思ったら、初心に戻り丁寧に教えてあげましょう!

 

 

違う遊びが好き

 

 

犬の中には「かじることが好き」「一人遊びが好き」など違う遊びが好きな子もいます。

 

そういう犬の場合、ボールを投げても追いかけるだけで、その場で一人遊びすることがあります。

 

 

飽きっぽい

 

 

家の中にはおもちゃがたくさんあったり、外では他に興味惹かれるものがあったりなどすると「別に投げられたおもちゃじゃなくてもいいや」と途中でもってくることを止めることがあります。

 

 

もって行くと取られると思っている

 

 

はじめは「もってこいができてたのに」という場合は、もって行くと取られるという経験から、飼い主さんの所へはもっていかず、自分の好きなように遊ぶようになります。

 

 

犬におもちゃをもってくる行動を教える方法

 

 

  • 犬が好きそうなおもちゃで、くわえやすい大きさのものを選ぶ

 

  • 犬の狩猟本能を利用して、猫をじゃらすように、犬の目の前でおもちゃを動かす

 

  • 犬がおもちゃを追いかけ始めたら、少しだけポンと投げる

 

  • 投げられたおもちゃを追いかけていったら、褒める

 

これらを繰り返す!

 

もし、犬がおもちゃをどこかにもって行っていきそうになったら、優しくリードを手繰り寄せます。

最初は、コマンドを意識するよりも、楽しむことを意識しましょう。

 

 

 

持ってきても渡してくれないとき

 

 

意外と多いのが、もってくるけどおもちゃを渡してくれないという場合です。この場合犬は「もってくる遊び」をしているつもりではないかもしれません。

 

 

「自分のおもちゃを見せびらかしたいだけ」や「引っ張りっこ遊びがしたい」だけということもあります。

 

なかには、取られたくないと逃げる犬もいるでしょう。その場合には、無理に取ろうとしないということが大切です!

 

 

 

犬に持ってくることを教えるときのポイント

 

 

おもちゃはボールでなくてもOK

 

 

「もってくる遊び」というとボールのイメージが強いかと思いますが、おもちゃはボールでないといけないわけではありません。

 

 

愛犬が好きなおもちゃ、興味を示すおもちゃを使って練習してあげましょう!

 

 

 

はじめは家の中でリードを付けて

 

 

はじめは家の中という場所で行いましょう。

 

リードを付けるのは、おもちゃを取りに行ったっきりにさせないためです。

 

初めから長い距離を持ってこさせるのではなく、目の前くらいの近さから少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

 

 

 

いかに犬を楽しませられるか

 

 

何よりも、犬に「楽しい!」と思ってもらわないことには始まりません。そのためには、飼い主さんも楽しむことが大切です!

 

 

愛犬はどんなおもちゃが好きなのか、どんな動きや音に興味を示すのかなど、いろいろなおもちゃを使って愛犬の心を掴んでください(*´ω`)

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?犬がおもちゃを渡してくれないのは、原因があったからでしたね!

 

 

無意味に見えていた行動にはすべて意味がありました。

 

 

そもそもおもちゃを持ってきてくれない時は、ルールをまだ理解していないからです。飼い主さんと愛犬2人で仲良く遊ぶためにも、1から教えてあげましょう!

 

 

主従関係もしっかりと!!