夏場の散歩は危険?!行っても大丈夫?

夏場の散歩は危険?!

こんにちは!だんだんと気温も高くなってきて、熱中症というワードが増えてくる季節になってきましたね((+_+))

 

 

そんな中、みなさんは夏場の愛犬の散歩は何時頃に行っていますか?

 

 

外が厚くても、愛犬は散歩に行きたがっているから日中から散歩に行っていませんか?その時間帯危険ですよ!

 

 

では、なぜ危険なのか見ていきましょう!

 

 

 

夏場の散歩が危険な理由

 

 

日中の時間帯は気温が高く暑い

 

 

気温が高くなる夏には厚さが苦手な犬にとって危険なものがたくさんあります。「日中の気温」もその1つ。1日で最も熱くなるお昼に散歩をするのはとても危険です。

 

 

人間より地面に近い高さを歩く犬にとって、灼けたアスファルトは大きな負担です。

 

 

ただでさえ暑さに弱い犬の身体に熱がこもってしまい、体温調節ができない状態になると体調を壊してしまいます。

 

 

 

熱中症の危険性

 

 

暑い季節や気温の高い日は犬が『熱中症』になるリスクがグンっ!と高くなってしまいます。日中に散歩に連れて行くと熱中症になる可能性が非常に高くなるのはもちろんのこと、気温が下がって涼しくなった朝や夜もそれなりに気温が高いので、念のため熱中症対策をして散歩に行くようにしましょう。

 

 

 

体温調節が苦手

 

 

全身に汗腺があり発汗による体温調節ができる人間と違い、犬の汗腺は足裏の肉球などの一部しかありません。なので発汗による体温調節はほとんどできません。

 

 

暑いときは舌を出し、ハァハァと口で息する「パンティング」で、体内の熱を口から吐き出し、外気を取り入れて体温を下げます。

 

 

犬も人間と同じで熱中症になります

 

 

 

脱水症状に注意

 

 

気温の高い夏は犬が「脱水症状」になってしまう可能性が非常に高いといえます。散歩に行くときは飲み水を持っていき、こまめに水を飲ませて水分補給をさせることが大切です。

 

 

飲み水はマナー水の代わりとして使ったり愛犬が熱中症になってしまったときに体を濡らして体温を下げたりなど便利な使い道がたくさんありますので、夏場だけでなく散歩に行くときはいつも持ち歩くことをオススメします。

 

 

 

夏場は散歩に行かないほうがいいの?

 

 

基本的には行ったほうが良い

 

 

いくら外が暑くても、室内で過ごしているだけでは犬も飽きますし、運動不足になってしまいます。また、散歩に行かず体力があり余ると、いたずらが増えることもあります。

 

基本的にはストレス発散や運動のためにも、散歩はなるべく毎日行ったほうがよいと考えておきましょう。

 

 

 

嫌がる場合は行かない

 

 

それまで散歩が大好きだった犬でも、夏場は暑さが嫌で散歩に行きたがらないこともあります。

 

このような場合には、散歩がかえってストレスになってしまう可能性もあります。無理に外に連れて行かず、室内でできる遊びで運動させてあげましょう。

 

 

 

時間帯に注意する

 

 

夏場の散歩は、時間帯に注意が必要です。暑さがピークになる時間帯には、愛犬にとってさまざまなリスクがあるのです。

 

 

 

夏の散歩対策グッズ

 

クールウェア

 

 

犬用のクールウェアは、メッシュやパイル地などの通気性の良い素材の服で、お散歩やアウトドアなど、暑い日の外出用におすすめのグッズです。

 

着用するだけで暑さや紫外線から愛犬を守ってくれ、さらに水で濡らして絞ってから着せれば熱中症対策になります!

 

最近では、25度を維持するプレサーモやUVカット加工された洋服もあるので、ワンちゃんにピッタリなものを選んであげてください(^^)/

 

 

 

保冷剤・冷却ベルト

 

 

人間同様、犬の首にも太い血管が通っているので、バンダナなどに巻いた保冷剤や人間用の冷却ベルトを首に巻いてあげると、効率よく体温を下げることができます。人間と違い冷やすのは首の後ろではなく首の前なので注意してください。

 

洋服を着せるのに抵抗がある方でも、バンダナならちょっとしたおしゃれに取り入れやすいので、お散歩やお出かけの時におすすめ!

 

ただし、保冷剤は有毒なので、決して口にしないよう注意してください。万が一口に入れてしまった場合は、急いで動物病院に連れて行きましょう。

 

 

 

ドッグシューズ・ブーツ

 

 

犬用の靴は、おしゃれをさせるためのアクセサリーではなく、暑さ対策をはじめ、冷たい雪道や災害時にも活躍する、とても機能的なグッズ。夏場の熱せられた地面から、犬の肉球を守ります。

 

慣れないうちは違和感から嫌がる犬も多いようですが、何よりも愛犬をケガから守るために、少しずつ慣れさせていくのがいいでしょう。

 

 

シューズは通気性の良いものを選んであげると良いでしょう!

 

 

 

ウォーターボトル

 

 

夏場の熱中症対策に、水は欠かせません。水筒でもペットボトルでも良いので、散歩の際に必ず水を持って行き定期的に水を飲ませてあげましょう!

 

そこでおすすめのグッズが、犬用のウォーターボトルです。片手でも水を与えられるように、ボトルとボールが一体化した形状で、毎日のお散歩バッグにも入れやすいコンパクトなサイズになっています。f

 

ワンちゃんにスポーツドリンクを与える飼い主もいるようですが、そのままだと糖分や塩分の取りすぎになってしまうので、水で薄めて与えるようにしましょう。

 

 

クールスプレー

 

 

お散歩前やお散歩から帰ってきた後に、愛犬が暑がっている時に手軽にクールダウンできるグッズです。冷却効果のあるスプレーで、直接クールダウンさせることができます。

 

スプレーする際は、犬の被毛をかき分け適量を直接地肌に吹きかけてください。特に脇やお腹など、被毛が少ないところにスプレーすれば、高い効果が期待できます。
お散歩後の熱くなってしまった肉球のクールダウンなどにもおすすめ!

 

 

 

夏場の犬の散歩で気を付けること

 

 

地面が冷めているか

 

 

日が沈んだ直後では、まだ地面が冷め切らずに熱さが残っていることもありますので、時間だけで判断しないようにしてください!

 

 

自分の手で触って確認してみて、長時間触っていられる程度まで冷えていることを確認してから散歩に出かけましょう。

 

 

 

犬が暑がっていたら早めに切り上げる

 

 

犬はパンティングでしか体を冷やすことができないとお伝えしましたが、普段よりハアハアしている場合は、暑さがきつい状態かもしれません。

 

その場合は、無理せず、早めに散歩を切り上げましょう。

 

人間が少し暑いと感じる程度でも、犬からすると暑すぎることも考えられます。自分基準で判断せず、犬の様子に気を配ってあげてください!

 

 

 

こまめに水分補給をする

 

 

犬も人間と同じく熱中症になるので、こまめな水分補給が必要です。散歩のときには必ず水を持参し、定期的に飲ませてあげてください。

 

ただし、なかには、水は家で飲むものだと認識し、散歩中に飲んでくれないというケースもあります。

 

 

そのような場合には、犬用のスポーツドリンクがおすすめ!

 

 

少し味が付いた飲み物だとおやつ感覚で飲んでくれる場合があるので、お気に入りのドリンクを見つけてあげるといいですね(^_-)-☆

 

 

 

なるべく土や芝生、日陰を歩かせる

 

 

お伝えしている通り、日差しに当たったアスファルトはとても熱くなるので、できるだけ土や芝生の上を選んで歩くようにしましょう。

 

また、直射日光を避けて日陰を歩かせるのも大切なポイントです。可能であれば、夏場は散歩コース変更なども検討してみてください!

 

 

 

夏場の散歩は時間帯に注意

 

 

夏のアスファルトの温度は60度近くになる場合があります。常にサウナ状態と考えればとても散歩ができる状態ではないですよね。

 

 

早朝か夜がオススメ

 

 

紹介したような夏の散歩のリスクを避けるために、散歩は早朝か夜の時間帯に行いましょう。

 

早朝は地面が暑くなっている心配はありませんので、安心して散歩が楽しめます。飼い主にとっても、早起きをすることで、1日の時間を有効に使えるというメリットもあります。(*^^*)

 

早起きが難しい場合には、完全に日が落ちたあとの夜がおすすめです。日が暮れてある程度時間が経てば、気温・地面の熱さともに落ち着きますので、早朝と同様に散歩に連れて行くことが可能です!

 

 

朝は6時前後、夜は21時以降がおすすめです!

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?夏場の散歩は危険だということがわかりましたね!

 

 

日中は暑くて火傷してしまいます。愛犬の肉球を火傷させたくはないですよね。散歩をする時間帯は朝か夜にしましょう!

 

 

それと水分を持っていくのを忘れないようにしてください!

 

 

暑い季節の散歩はいつも以上に愛犬の様子を窺うようにしてくださいね(*^^*)