愛犬のくしゃみは大丈夫?

犬のくしゃみは何が原因?

こんにちは!トリマーの黒岩です(^^)

 

 

 

みなさんは愛犬がくしゃみをしている姿は見たことはありますか?

 

 

 

犬がくしゃみをする原因として考えられるものはいくつかあるかと思います。

 

 

 

花粉症なの?風邪?と疑問に思う方も・・・

 

 

 

今回は「犬のくしゃみ」についてお話したいと思います!

 

 

 

 

犬がくしゃみをする原因は?

 

 

 

犬がくしゃみをするのには、理由があります。

 

 

 

そもそもくしゃみは、鼻の神経が刺激を受けたり、鼻の粘膜にゴミやウイルスなどが付着すると、それらが肺に入らないように防御反応として起こるのです。

 

 

 

興奮したときにくしゃみが出るケースもあります。

 

 

 

散歩中やおやつをあげる前などに、「クシュンッ」と、犬がわざと出すようなくしゃみは、興奮によるものかもしれません。

 

 

 

また、ストレスや自律神経の乱れが、犬のくしゃみを生じさせることもあると言われています。

 

 

 

その他は、体調不良や病気が原因でくしゃみがでるケースが多いでしょう。

 

 

 

 

犬のくしゃみで考えられる病気

 

 

 

ケンネルコフ

 

 

 

ケンネルコフは、犬アデノウイルスⅡ型やパラインフルエンザウイルスなどが原因で発症します。

 

 

 

私たち人間で言う風邪のような病気だと考えるとよいでしょう。

 

 

 

 

鼻腔内異物

 

 

 

散歩中に愛犬がニオイをかいだ際などに、鼻腔内に植物の種や砂などがはいってしまい、くしゃみを引き起こすことがあります。

 

 

 

くしゃみをして原因となる異物が対外に出れば問題はありませんが、植物の種などがそのまま鼻腔内に残ってしまうと、くしゃみが止まらなくなるでしょう。

 

 

 

大型犬なら飼い主さんが見れば見つけられる可能性もありますが、トイプードルやチワワなどの超小型犬は、異物の発見は容易ではありません。

 

 

 

散歩後などにくしゃみが止まらない場合は、なるべく早くに動物病院へ連れて行きましょう。

 

 

 

 

鼻炎

 

 

 

鼻腔内に炎症がある状態で、鼻水やくしゃみが出る場合は、細菌や真菌、ウイルス感染、アレルギー、鼻腔内腫瘍など、鼻炎の原因は多数あります。

 

 

 

ただし!

 

 

 

私たち人間とは違い、花粉症でくしゃみや鼻水が出ることはほとんど見られません。

 

 

 

シニア期以降は、腫瘍や歯周病による鼻炎にも注意して、早期発見と早期治療ができるように心がけてあげてください。

 

 

 

なお、鼻炎が慢性化すると、逆くしゃみ症候群の原因になることもあります。

 

 

 

 

愛犬のくしゃみが止まらない場合はどうしたらいいの?

 

 

 

くしゃみが数分以上続いている場合や、毎日数回くしゃみが出るということは日常生活ではあまり生じることではありません。

 

 

 

病院へ連れて行くべき症状は?

 

 

 

病的あるいは病気の可能性があるくしゃみと、いわゆる生理的なくしゃみがあります。

 

 

 

食欲が落ちている

 

 

 

まず、くしゃみが生じたことに合わせて食欲が減退している場合があります。

 

 

 

くしゃみと同時に鼻詰まりが見られ、それによって嗅覚の低下がみられることで味の間隔も落ちます。

 

 

 

そのため、食欲が落ちることがあります。

 

 

 

粘り気の強い鼻水が鼻腔に存在しているのかもしれません。

 

 

 

 

鼻水に色がついている・粘り気がある・鼻出血が見られる

 

 

 

鼻水や鼻出血の有無もよく観察しておきましょう。

 

 

 

わずかな透明な鼻水がくしゃみと同時に出るのであればさほど問題はありませんが、色のついた粘り気のある鼻水は鼻腔内に炎症がある可能性があります。

 

 

 

さらにそこで鼻出血がみられた場合は、症状が進行している可能性があります。

 

 

 

また、鼻水や鼻出血が左右非対称で出ている場合は、異物の存在やポリープ、腫瘍などが関係していることがあるので、早めの診察をおすすめします。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

犬のくしゃみはアレルギーや鼻の中に異物が入り込んでしまってくしゃみが出るということがわかりました。

 

 

 

くしゃみをするのは生理的なものと病気があります。

 

 

 

シニア犬になると歯周病などでも鼻炎に成ってしまうので、注意が必要です。