冬場に起こりやすい犬の病気はなに?

犬が冬場に起こりやすい病気

こんにちは!トリマーの黒岩です(^^♪

 

 

 

12月に入り、雪も降ってきて、寒くなってきましたね(><)

 

 

 

愛犬の様子はどうですか??

 

 

 

寒がったり、動こうとしなかったりしていませんか?

 

 

 

そんな愛犬には、寒い冬、暖房は必要なのでしょうか??

 

 

 

詳しく説明したいと思います!

 

 

 

 

寒さに弱い犬の特徴

 

 

 

犬にとって、冬は夏に比べると過ごしやすいですが、「寒さに弱い犬」もいます。

 

 

 

 

子犬やシニア犬は成犬に比べると、体温調整がうまくできないため、注意する必要があります。

 

 

 

 

寒さに強いとされる犬種

 

 

 

  • 柴犬

 

  • シベリアンハスキー

 

  • 日本スピッツ

 

  • コーギー

 

  • ゴールデンレトリーバー

 

  • ラブラドールレトリーバー

 

  • セントバーナードなど

 

 

 

 

これらの犬種は多少寒くても元気にあそんでいたりしますが、室内飼育によって寒さへの耐性が弱くなり、寒がりの犬もいるのです。

 

 

 

 

寒さに弱いとされる犬種

 

 

  • チワワ

 

  • ポメラニアン

 

  • プードル

 

  • ヨークシャーテリア

 

  • ミニチュアピンシャー

 

  • イタリアングレーハウンド

 

  • マルチーズ

 

  • ボストンテリア

 

  • パグなど

 

 

 

これらの犬種は暖房が必要と言えるでしょう。

 

 

 

 

犬が寒がっている時の合図

 

 

 

寒さに弱い犬種と強い犬種が存在するとはいえ、個体差があるので犬が出すサインで寒がっていないか判断するといいでしょう。

 

 

 

犬が寒いときのサインは

 

 

  • 震える

 

  • 体を小さく縮めている

 

  • 寝てばかりいる

 

  • 散歩に行きたがらない

 

  • 飲水量が減る

 

  • 下痢をする

 

 

 

などです。これらのサインが見られたときは暖房が必要かもしれません。

 

 

 

 

愛犬のための暖房の使い方

 

 

 

エアコン

 

 

 

エアコンは快適な温度を保つことができ、タイマーも利用できて非常に便利です。火を使わないので安全性が高い暖房器具になります。

 

 

 

ですが、暖かい空気は天井に集まってしまいます。ですから、私たち人間が暖かく感じていても床に近い高さで生活している犬にとっては寒いということもあります。

 

 

 

また、エアコンの温風を直接犬に当たり続けないようにきをつけましょう。

 

 

 

 

ストーブ・ファンヒーター

 

 

 

ストーブやファンヒーターは犬が寒ければ自分で近づき、暑くなったら離れることがきますが、火傷をする可能性があります。

 

 

 

愛犬がストーブの前に長時間いることで暑さへの感覚が鈍り、毛が燃えていることになかなか気づかずにやけどをしてしまう可能性もあります。

 

 

 

ストーブやファンヒーターを使用する時は、犬が近づき過ぎないようにストーブガードを設置しましょう。

 

 

 

 

ホットカーペット・床暖房

 

 

 

ホットカーペットや床暖房は、床に近い高さで生活する犬に快適な暖かさを提供してくれます。犬が暑くなったら涼める場所を確保しておいてあげましょう。

 

 

 

ホットカーペットや床暖房の上で長時間寝てしまうと、低音やけどに成ることがあるので注意が必要です。

 

 

 

 

こたつ

 

 

 

こたつはぬくぬくと温まれる場所ですが、あまりおすすめできません。

 

 

 

こたつ布団で密閉された中は熱がこもりやすいので、犬が長時間眠ってしまうと、出口がわからなくなってしまい熱中症になる危険があります。

 

 

 

愛犬がどうしてもこたつの中に入りたいというのであれば、温度を下げて使用するようにしましょう。

 

 

 

 

冬に気をつけたい犬の病気

 

 

 

皮膚病

 

 

 

私たち人間にも「乾燥肌」というものがあるように、乾燥した空気は犬たちの肌にも影響を及ぼします。

 

 

 

その1つが「痒み」です。乾燥して痒くなった肌を必要以上に掻き、化膿したり、細菌感染したりする恐れがあります。

 

 

 

愛犬が痒そうにしていたり、皮膚に異常を感じたら早めに動物病院を受診しましょう。

 

 

 

 

泌尿器関係

 

 

 

夏場より水を飲まなくなるため、尿が体内に長くたまり、泌尿器疾患を引き起こす恐れがあります。

 

 

 

冬場は愛犬が水を飲んでいるか確認したうえで、飲んでいないようであればフードをドライフードからウェットフードに変えるなど工夫をして見ましょう!

 

 

 

 

火傷

 

 

 

暖かいストーブやこたつの近くに長時間いることで、低温火傷火傷を負う事故が増える傾向にあるのです。

 

 

 

特に、感覚が鈍くなっている老犬に多いので、老犬の場合は、長時間暖房器具に接触させないよう注意しましょう。

 

 

 

 

誤飲

 

 

 

冬場はイベントが盛りだくさんですよね?クリスマスに年末年始、バレンタインデーなど。

 

 

 

親戚やお友達と集まる機械が増えることから、誤飲も増える傾向にあるのです。

 

 

 

人間用の食べ物は犬の手が届かないような場所で保管し、愛犬が誤飲しないように注意しましょう。

 

 

 

万が一食べてしまったら、すぐに動物病院へ行きましょう。特にバレンタインデーの時にチョコの誤飲は危険です。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

冬場の暖房は犬には必要ということがわかりましたね。寒さに弱い犬はガタガタ震えていたりするので、暖かくしてあげましょう。

 

 

 

ただし!暖房器具を使う時は、注意点をしっかり理解した上で使うようにしましょう。

 

 

 

冬場に起こりやすい病気にも注意ましょう。