お家で愛犬のシャンプーはどうやればいの?

お家でのシャンプー方法

こんにちは!みなさんはおうちで愛犬のシャンプーをしていますか?

 

 

初めて犬を飼われた方は、やり方などわからないかと思います。なので、今回は「犬の正しいシャンプーのやり方」についてお話したいと思います!

 

 

それでは視ていきましょう!

 

 

 

犬のシャンプーの頻度はどのくらい?

 

お家でのシャンプー方法

 

愛犬のシャンプーを行う頻度は、ニオイや汚れが目立ってきたらシャンプーをしてあげましょう。

 

 

だいたい月に1~2回程度です。

 

 

犬は人間と違い、皮膚が弱いため、毎日お風呂に入ってしまうと、皮膚のバリア機能が低下してしまい、皮膚炎を起こしてしまいます。

 

 

毎日お風呂に入れるのはやめましょう。

 

 

 

犬をシャンプーする前に準備するもの

 

 

  • 犬用バスタブ

 

  • 滑り止めタオル

 

  • 犬用のシャンプー・リンス

 

  • 吸水タオル

 

  • バスタオル

 

  • ドライヤー

 

  • ブラシ

 

 

これらを準備する必要があります。

 

 

犬用のバスタブなど要らないという方は、最低でも、犬用シャンプー、バスタオル、ブラシ、ドライヤーを準備しておけばお家でのシャンプーは可能です。

 

 

 

上手にシャンプーするには?

 

お家でのシャンプー方法

 

シャンプーの前にブラッシングをする

 

 

犬をシャンプーする前に必ずブラッシングは終わらせておきます。

 

 

ブラッシングをして抜け毛を減らしておきましょう。水を流した時に排水口がつまりにくくなります。

 

 

また、ほこりや毛がもつれているところを取り、毛流れをよくしておくと、シャンプーやお湯が被毛の奥まで浸透してくれます。

 

 

ブラッシングのついでに皮膚の状態もチェックしておきましょう。

 

 

 

シャンプースタート!

 

お家でのシャンプー方法

 

愛犬の体をしっかり濡らす

 

 

35度前後のお湯でしっかり濡らします。片手で愛犬の体を支えながら、反対の手でシャワーヘッドを体に当てながら濡らしていきましょう。

 

 

シャワーの音が怖い犬もいるので、体につけることで音をなくすことが出来ます。

 

 

お湯をかけるときは、後ろ足やお尻の顔から離れたところから濡らしましょう。毛量が多いため、なかなか地肌まで浸透しないので、しっかりぬれるまで濡らします。

 

 

 

シャンプーする

 

 

お尻から頭の方向へシャンプーします。指の腹を使ってマッサージするように地肌を洗います。ちなみに、おにぎりを握るときの軽く手を曲げる感じで洗ってあげると泡立ちも良くなります!

 

 

シャンプーは事前に手や泡だてネットであわ立てて起きますと顔などもスムーズに洗えます!

 

 

ちなみに当店ドッグアシルでは、シャンプーとお湯を泡立てネットで泡立ててから、もこもこの泡で洗うようにしています(^^)

 

 

お顔に泡を付けて少し経ったら、泡が全部消えた。などは、まだ皮脂汚れなどが残っている証拠です!泡が消えず、残るくらい洗って上げましょう!

 

 

 

頭からすすいでいく

 

 

頭から足に向って順番にすすいでいきます。背中から流してもよいですが、頭を流してその流した泡がまた背中に流れたりするので、結局2度手間になりますので頭からのほうが効率がよいかと思います!

 

 

すすぎ残しとして、脇・お腹・お尻周り・足裏などがあげられますので、すすぎ忘れないように注意しましょう。

 

 

顔を流す時は、少し顔を持ち上げ、鼻にお湯が入らないようにしてあげますシャワーの強さを緩めにして優しく流してあげましょう。強いと角膜を傷つけてしまう可能性があります。

 

 

 

リンス

 

 

リンスは、単体であるものから、リンスいんシャンプー、スプレータイプなど種類は様々です。

 

 

もし、リンス単体で使用する時は、リンスを少し入れてお湯で薄くしてから、全身へかけてあげましょう。スポンジを使って濡らしてあげるのもよいかと思います!

 

 

リンスなどすすぎ忘れがありますと、皮膚や毛がべたついたり、皮膚トラブルになりかねませんので、しうっかり、シャワーヘッドを犬に付け、根元から流すようにし、すすぎ忘れが無いようにしましょう。

 

 

 

タオルドライ

 

 

流し終わったら、まずは手で耳や足先になどに溜まったお湯を絞ってあげます。

 

 

その後、吸水タオルがあればそれで、擦るのではなく、当てて水分を取る感じに吸水します。代替取れましたら、タオルでも拭いてあげます。

 

 

タオルでも強くゴシゴシしてしまうと毛が絡まってしまったりするので、あまりこすらないようにしましょう。

 

 

 

乾かし

 

 

タオルで拭き終わったら、ドライヤーで乾かします。

 

 

早く乾かしたいからといって、熱風を当てるのはやめましょう。火傷してしまいます。乾かす時に最低でも20センチ以上は離して乾かしてあげます。

 

 

なるべくドライヤーの温度も下げ、風を当てているところからブラッシングをしながら乾かしてあげると早く乾きます!

 

 

顔を乾かす時は、真正面から風を当てるのはやめましょう。目が乾燥してしまったり嫌がったりするので、斜めから乾かしてあげるとよいでしょう!

 

 

 

人間用のシャンプーは使ってもいいの?

 

お家でのシャンプー方法

 

犬に人間用のシャンプーは使用してはいけない!!

 

 

犬と人間では皮膚の厚さが違います。人間用のシャンプーは頭皮などを洗うため、洗浄力が高いです。

 

 

人間の皮膚は丈夫ですが、犬の皮膚は人間の数分の一程度しかありません。なので、人間用のシャンプーを犬に使用してしまうと、刺激がかなり強いです。

 

 

 

シャンプーを嫌がる犬はどうしたらいい?

 

 

子犬の頃から水に慣れさせておく

 

 

子犬のことからお風呂に入れて、水に慣れさせてあげることが大切です。

 

 

本能的に水が嫌いな犬もいますが、子犬の時から、「お風呂は気持ちがいいもの」と思ってもらえるように、シャワーの音を小さくしたり、いきなり顔に水をかけるなどの行為をせず、タオルで濡らしてあげるなど工夫をしてあげましょう。

 

 

お風呂は楽しい場所だと思わせる

 

 

無理矢理お風呂場へ連れて行きシャンプーしてしまうと、お風呂場は怖い場所だと認識してしまいます。

 

 

嫌がる場合は無理に行わず、水遊び程度に慣れさせて、まずは水への抵抗をなくすことが大切です!

 

 

 

ご褒美を上げる

 

 

おやつをあげることで、お風呂に入ればおやつがもらえる!と認識してくれるので、有効な方法です。

 

 

散歩など行って来た後、お風呂、ご褒美を上げる、という流れを習慣化していくと、楽しんでお風呂まで済ませてくれるようになります!

 

 

 

まとめ

 

お家でのシャンプー方法

 

いかがでしかた?

 

 

お家でシャンプーをしてみたい方はぜひ、この方法で試してみてください!

 

 

まずは道具をそろえてからにしましょう!洗うのはきちんと根元からあらい、すすぎ忘れが無いようにしましょう!

 

 

濡らした毛は完全に乾くまで乾かしましょう。少しでもぬれていると菌が繁殖してしまいます。

 

 

愛犬に楽しいと思ってもらえるお風呂にしましょう!