犬の逆くしゃみって何?!原因と対処法

逆くしゃみ

こんにちは!みなさんは、「逆くしゃみ」をご存じですか??

 

 

普通のくしゃみを見ることは多いかと思いますが、逆くしゃみは急にズーズーいう症状です。

 

 

どのような、症状で、対処法などもくわしく見ていきましょう!

 

 

逆くしゃみはどんな症状?

 

 

犬が突然に鼻から断続的に勢いよく、ズーズーと息を吸い込む反射的なしぐさのことを「逆くしゃみ」と指します。

 

 

通常のくしゃみはクシュンと鼻から外に息を出しますが、逆くしゃみはその逆で、吸い込みながら鼻を鳴らします。

 

 

どんな時に逆くしゃみは起こる?

 

 

原因ははっきりとはしていませんが、鼻に違和感や刺激を感じた際、鼻の奥の筋肉のたるみや鼻孔の狭さ、アレルギーなどが関係しているといわれています。

 

 

苦しいの?!

 

 

逆くしゃみは様々な場面で突然に現れます。鼻から空気を激しくかつ連続的に吸い込むというような症状は、苦しそうに見えますよね。(><)

 

 

しかしながら、症状は数秒~1分程度でおさまり、発作の前後は何事もなかったかのようにケロッとしています。

 

 

一見、激しい症状のように見えますが、犬本人としては、特に苦しいわけではないようです!

 

 

 

逆くしゃみを起こしやすい犬種

 

 

逆くしゃみは小型犬の短頭種によくみられる症状です。代表的な犬種としてはチワワ、フレンチ・ブルドック、パグ、シーズー、ペキニーズ、トイプードルなどがあげられますが、その他の犬種でもみられます。

 

 

 

愛犬が逆くしゃみをしているとき飼い主んはどうすれば?!

 

 

逆くしゃみをしている間は、いったん症状が収まるまで刺激を与えず、静かに様子を見てください。

 

 

収まった後は、逆くしゃみの症状の原因となりそうな、刺激のあるにおいや煙などがそばにある際には、すぐに愛犬から遠ざけてください。そして、部屋の換気するなど、まずは鼻への刺激を減らす配慮をしましょう。

 

 

また、室内が乾燥しすぎていると症状が出やすくなる場合もあるそうです。乾燥していたら、洗濯ものや濡れタオルを部屋に干すか、もしくは加湿器を使うなどの工夫をして湿度を保つのも良いかもしれません!

 

 

 

逆くしゃみと似ている症状で、注意が必要な症状は?!

 

 

治療が必要なと言っても、飼い主さんが逆くしゃみの症状を判断するのは難しいですよね。インターネットを検索すると、動画がたくさん出ているので、それをみて愛犬の呼吸が逆くしゃみに当たるか推測することができるかもしれません。

 

 

ただ、ほかの病気の可能性もあります。動物病院で見てもらうに越したことはありません。動物病院でタイミングよく逆くしゃみを見せてくれるのは稀です。発作が起きた時に動画を撮っておいて、病院の先生に見せられるようにしておくとよいでしょう。

 

 

他の病気

 

 

呼吸や心臓の病気との鑑別が必要です。特に気管虚脱では、アヒルがガーガーと鳴くような咳をしまし、僧帽弁閉鎖不全症では、ケッケッというような乾いた咳をします。

 

 

てんかん発作の症状も、無きにしもあらずでしょう。特に中高齢以降で逆くしゃみのような症状が現れた場合には、ただのくしゃみの可能性は低いと考えられますので、すぐに動物病院へ行きましょう。

 

 

発作が起きたときのベストな対処法

 

 

先ほども言いましたが、逆くしゃみは、それによって苦しさを感じるものではなく、発作が起こっても数秒~1分程度で終わるものなので、見守るだけでいいでしょう。

 

 

しかし、少しでも早く終わらせた場合には、唾を飲み込むことが有効であるとされています。

 

 

こちらの方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

  • 鼻に息を吹きかける

 

  • 鼻先に軽く手を当てて、喉元や胸を撫でる

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?逆くしゃみは、一見苦しそうに見えますが、苦しくないことがわかりました。

 

 

突然起こる症状なのでびっくりしますが、そんなに心配しなくても大丈夫でしたね!

 

 

逆くしゃみににている症状もありますので、くしゃみ以外に、「いつも以上にくしゃみが多い」「鼻血がでる」「元気がない」「食欲が落ちた」などの症状が見られて場合は、すぐにかかりつけの病院へ相談してください!