犬がペーパーを食べてしまったら?!

犬がペーパーを食べてしまったら?

こんにちは!みなさんの愛犬はティッシュペーパーやトイレットペーパーを食べてしまったときはありませんか?

 

 

子犬のときはヤンチャで、少し目を放した隙や、お留守番している時などに、食べてしまっていて、などがあるかと思います。

 

 

なので、今回はペーパーを食べてしまったらどのくらい危険なのか、説明したいと思います!

 

 

 

犬がペーパーを食べてしまったら?

 

犬がペーパーを食べてしまったら?

 

トイレットペーパーは水に溶けますが、ティッシュペーパーは胃の中で消化されません。

 

 

中・大型犬は、便としてでてくる可能性が高いですが、小型犬のプードルやポメラニアン、チワワなどは、危険度が高まります。

 

 

 

ティッシュペーパーを食べてしまった時の危険性

 

 

ティッシュはふわふわと柔らかく、臭いを嗅いでいるうちに口の中に入ってしまうことがあります。嗅覚が鋭い犬は、噛んでいるうちにティッシュの香りに気に入り、噛み続けているうちに飲み込んでしまうことがあります。

 

 

少量であれば、便と一緒にでてくる可能性もありますが、大量に食べてしまった場合、消化されずに腸の中に詰まってしまう可能性があります。

 

 

すると、腸閉鎖を起こして大変な事態になることもあります。

 

 

嘔吐や体調が悪そうにして居た場合は、すぐに動物病院へ行きましょう。

 

 

 

腸閉鎖の危険性

 

 

食べてしまったティッシュが腸につまり、初期症状として、嘔吐、食欲不振、呼吸が浅い、便が出ないなどの症状が見られます。

 

 

ティッシュくらい大丈夫だろうという思い、腸にティッシュが詰まった状態が続くと、腸粘膜が損傷して毒素が体内に侵入してショック状態になり可能性もあります。

 

 

 

病院へ行くべき症状

 

 

先ほどにも記述しましたが、

 

  • 嘔吐

 

  • 食欲不振

 

  • 呼吸が浅い

 

  • 便が出ない

 

 

などの症状が見られた場合は動物病院へ行きましょう。

 

 

ティッシュをたべてから1,2日ほど便が出ていない場合は、ティッシュが詰まっている可能性があります。

 

 

元気そうに見えても、便秘だったり、食欲がなかったりなど、異変に気づいたら連れて行きましょう。

 

 

 

犬がティッシュをすきな理由

 

犬がパーパーを食べてしまったら?

 

好奇心

 

 

子犬にとって初めてのものは興味津々です。まずは匂いをかいでから何かを探ります。

 

 

目の前で、ふわふわと柔らかいものが動いていると遊びたくなってしまいます。

 

 

次から次へと出てくるティッシュに夢中になり、いつの間にか散らかしてしまい、遊んでいるうちに口に含んでしまい飲み込んでしまう可能性があります。

 

 

 

食べ物だと勘違いしている

 

 

食べものや飲みものをふいたティッシュは、犬からするといい匂いがするのでお宝です。その匂いにつられて丸飲みする犬もいます。

 

 

もしくは、なんらかのタイミングでティッシュを口に入れてしまい、おいしいと感じて味をしめているのかもしれません。そういった行動を繰り返していると、ティッシュは食べ物と認識してしまうことがありますので注意してください。

 

 

甘みのあるティッシュもありますよね、それを好んで食べてしまう犬もいます。

 

 

 

退屈・不安・ストレス

 

 

飼い主さんに構ってもらえなかったり、長時間の留守番、運動不足によって、不安やストレスを感じている犬がティッシュを使って問題行動を起こすことがあります。

 

 

退屈しのぎでいたずらをして、飼い主さんに構ってもらえることで、「ティッシュで遊べば構ってもらえる!」と思い、ティッシュでの遊びを繰り返してしまいます。

 

 

その際は、「反応しない(声を掛けるだけでなく目もあわせない)「静かに片付ける」といった対応をとるようにしましょう。

 

 

 

ティッシュを食べさせない対処方法

 

犬がペーパーを食べてしまったら?

 

犬の届かないところに置く

 

 

一番手っ取り早いのは「犬の届かないところに置く」ことです。

 

 

飼い主さんからすると不便さを感じてしまうかもしれませんが、愛犬が食べてしまった時のことを考えると届かない高い場所に老いたほうがよいかと思います。

 

 

また、テーブルの上に置いてあるティッシュだけでなく、ゴミ箱をあさってティッシュを食べる犬もいます。

 

 

ゴミ箱には蓋つきのものに変えるとよいでしょう。

 

 

 

しつけで直す

 

 

犬がティッシュを口にくわえたときに急いで取り上げようとするのは逆効果で、犬は取られまいと慌てて飲み込もうとします。

 

 

 

トレーニングの方法は、リードをつけた状態で犬の目の前にティッシュを置きます。

 

 

「だめ!」と言い続け、ティッシュを口にしないようにします。

 

 

口にしたときは、無理に取り上げると取られないように飲み込んでしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

反対に、口にしなかったときは大げさに褒めてあげるという繰り返しをしているうちに、食べ物ではないと認識していきます。

 

 

または、「ちょうだい」を教えると、食べて欲しくないものを口から離すようになります。

 

 

だめ!」や「ちょうだい」という言葉を認識させて、しつけをするとよいでしょう。

 

 

 

留守番中はゲージに入れる

 

 

いたずらを防止するために、出かける時はゲージに入れる習慣をつけるとよいでしょう。

 

 

最近では、大型犬でも家の中で飼っている家庭が増えており、ティッシュを食べてしまうリスクが上がっています。

 

 

出かける時はゲージの中に入れて安全を確保するとよいでしょう。

 

 

 

誰も居ない間に、家の中好きなころにいける環境は、ティッシュをいたずらするだけでなく、家具を傷つけたり、食べてはいけないものを誤飲したりする可能性があります。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

 

犬がトイレットペーパーを飲み込んでしまった場合は、胃の中で解けるので、多少は大丈夫だと思われます。しかし、やはり危険なので、動物病院で一度は見てもらったほうがよいかもしれません。

 

 

ティッシュペーパーは危険ということが分かりました。誤飲してしまったら、消化されずに腸に残り腸閉鎖を起こしてしまう可能性が出てきます。

 

 

ティッシュは犬の届かない場所に置くように工夫をしましょう。

 

 

万が一食べてしまった場合は、動物病院へ相談してください。