愛犬とドライブ!注意するべきこと!?

愛犬と楽しくドライブするためには

こんにちは!みなさんは愛犬とドライブに行ったりしますか?

 

 

車が好きな犬もいれば、車が自体が苦手な犬、車酔いしてしまう犬もいますよね(><)

 

 

愛犬と楽しくドライブをするために、注意するべき点などのお話をしたいと思います!

 

 

 

ドライブ好きにさせる方法

 

 

みなさんはいきなり愛犬を車に乗せていませんか?犬は私たち人間みたいに、車はこういうもの。と、言葉では理解できません。

 

 

犬からすると車=音が出る、妙なにおいがする、揺れる、よくわからない場所に閉じ込められる=パニックを引き起こしてしまいます。

 

 

そうならないためにも、車に慣らしておくことが大切です!

 

 

 

車に慣らす方法

 

 

実際にいきなり車に乗せても平気な犬もいますが、トラウマにならないためにも、愛犬と楽しくドライブできるようにトレーニングをしましょう!

 

 

1.短い時間で良いので、車の近くで遊んであげたり、好物をあげたりして、車の存在そのものに慣らす。

 

 

2.車のドアは開けたままで、中で一緒に遊んだり、好物をあげて短い時間を過ごす。このときはまだエンジンはかけません!嫌がる犬を無理やり乗せたりしないように注意してください。大型犬など、ある程度大きい犬の場合はおもちゃなどで気をひいて、犬自ら進んで乗る状況を作ってあげましょう。

 

 

3.今度はドアを閉めて、2と同様に行います。

 

 

4.大丈夫そうならエンジンをかけてみます。最初のうちはエンジンをかける時間も短めに行いましょう。

 

 

5.慣れてきたら短い時間走ってみてください。できる限りついた場所で遊んであげましょう。

 

 

6.走行距離を徐々に伸ばしていきます。ついた先がいきなり病院だったり、犬にとってあまり楽しくない場所ですと、車に乗ること自体に負のイメージを与えかねません。なので、ついた先は必ず楽しいことが待っていると思えるような場所につれていってあげるようにしましょう。

 

 

少しでも嫌がるようなそぶりが見えたら、1つ前の段階に戻ってトレーニングしなおすようにします。最初のうちは走っている途中に吐いてしまうこともあるかもしれませんが、それを叱ってしまうとマイナスイメージがついてしまうのでご注意ください。何も言わずに片付けましょう。

 

 

 

犬が車酔いをする原因

 

 

犬も人間と同じで車酔いをします。

 

 

車酔いの他、船や飛行機などの乗り物でも酔いが起こることがあります。

 

 

三半規管が車の揺れで刺激され、車酔いが起こるので、成犬よりも子犬のほうが比較的車酔いしやすいといわれています。

 

 

 

車酔いを誘発させる要因

 

 

人間よりも嗅覚がすぐれている為、車内のにおいや揺れ、エンジン音なども要因の1つになることがあります。人間が良いにおいだと思っている芳香剤や消臭剤も、犬たちにとっては「きついにおい」かもしれません。できるだけにおいがないものや、無香料のものを選びましょう。

 

 

また、普段とは異なる環境に、ストレスで車酔いを引き起こす場合もあります。原因は様々ですが、車酔いには車に慣れてくると改善できることも多いのです!

 

 

 

車酔いをしたらどんな症状が?

 

 

軽度の車酔いの症状・サイン

 

  • 大量のよだれが出る

 

  • 鼻水が出る

 

  • 震える

 

  • 落ち着きがなく、そわそわする

 

  • あくびをする

 

  • 鳴いたり、吠えたりする

 

 

不安や緊張からあくびやよだれがでてしまうようです。

 

車酔いで気持ちが悪い症状をどうにかしたいため、そわそわしたり吠えたりする場合もあります。

 

重度の車酔いの症状・サイン

 

  • 嘔吐

 

  • 下痢

 

犬が嘔吐や下痢をする前にはよだれなど他の症状が出ている事が多いです。

車酔いしやすい子は、車に乗せる時には体調の変化に注意しましょう。
 

 

犬が車酔いした時の対処方法

 

 

犬の様子がいつもと違うと感じたら、できるだけ早く休憩をとりましょう。

 

嘔吐してしまっても、慌てずに外の空気を吸わせてあげるなど可能なら落ち着くまで車から降ろして休ませてあげましょう。

 

あまり気にし過ぎてしまっても良くないですが、愛犬が出す車酔いのサインを見逃さずになるべく早めに対処してあげましょう。

 

 

 

犬とのドライブに必要なもの

 

 

ケージ、クレート、キャリーバッグ

 

 

車内で犬を入れておくために必要です。犬が中に入るのを嫌がらないよう、クレートトレーニングやしつけを事前にしておきましょう。

 

 

様々な大きさや素材のものが販売されていますが、ドライブに使用するのであればハードタイプが適切かもしれません。

 

 

ケージやキャリーバッグを座席に固定するバンドや専用グッズも一緒に用意しておきましょう。

 

 

 

首輪、リード、ハーネス

 

 

ドライブの休憩時や、目的地に着いて外に出るときに使います。首輪やハーネスといった犬の体に触れるものは、日々使い慣れたものを用意したほうが良いでしょう。

 

 

 

飲み物、給水ボトル

 

 

犬用の飲み水は必ず持参しましょう。飲み口が付いた専用のボトルや、ペットボトルの口に装着するカップが付いたグッズがあると便利です。

 

 

水分補給は大切です。

 

 

おやつ、小分けにしたドッグフード

 

 

犬がお利口にできたときのご褒美として、犬が好むおやつを準備してください。いつも食べているフードを小分けにしたものでもOKです。必要に応じて犬用の食器も用意しましょう。

 

 

 

トイレ用品

 

 

ドライブの休憩時、犬に排泄させるために必要なグッズです。専用の処理袋は、最低でも2~3枚は用意しましょう。

 

 

 

ペットシート(ウェットシート)

 

 

出歩いたときに足が汚れるので、足を拭いたり、排泄後のお手入れをしたりするときに使います。

 

 

頻繁に車で出かけることが多い人は、家で使うものとは別にドライブ用のものを用意したり、グッズを入れておくバッグや小物入れを用意したりすると便利です!

 

 

運転時は安全の確保が何よりも大事!

 

 

ピードの出しすぎや急発進・急停車といった荒々しい運転は、人にも犬にも非常に危険です。ゆっくり安全運転を行いましょう。ドライブに慣れていない犬の場合、車酔いやパニックを起こすこともあります。

 

 

また、ドアや窓のロックは徹底しましょう。犬が触れた拍子に開いてしまったら、事故につながってしまいます。一番安心なのは、ドライブ中は犬をケージに入れること犬自身の安全を確保できるだけでなく、運転の妨げを防ぐことにもなります!

 

 

最後に、例え短時間でも犬を密閉された車内に放置するのは厳禁。人が「暑くない」と思う温度でも、毛皮に覆われた犬にとっては、熱中症や脱水症状の危険性が高いのです!

 

 

ストレスや疲れをなるべく軽減!

 

 

長時間のドライブは、運転者も同乗者も疲れを感じるもの。犬はそれ以上に疲労やストレスを感じているので、いつもよりこまめに休憩をとり、車外に出して気晴らしをさせてあげることが大切です!

 

 

また、車内が乾燥していたり、緊張やストレスを感じたりすると犬も喉が渇きやすくなります。脱水症状を起こさないように、水分補給もこまめに行いましょう。

 

 

これからの季節は特に、車内の温度にも注意が必要。犬は暑さに弱いので、人よりも犬に合わせて20℃くらいに設定しておこう。フロントガラスを、紫外線&赤外線を強力にカットできるものにチェンジして、車内温度の上昇を抑えるのも有効!

 

 

事前にトイレを済ませる

 

 

車に乗る前に必ずトイレを済ませておきましょう。家から出発する前だけではなく、もしもの渋滞に備え、帰りの乗車前にトイレを促すことも忘れずに。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?犬も私たち人間と同じで車酔いをします。愛犬と楽しくドライブをするためにも、まずは車自体に慣れさせてあげましょう。

 

 

いきなり車に乗せると、平気な犬もいますが、パニックを引き起こしてしまう犬もいます。トラウマにならないためにもトレーニングを行いましょう!

 

 

お出かけの際は、愛犬の持ち物を別のカバンを準備しておいたほうが便利だと思います!