愛犬のマーキングに困ってはいませんか?

マーキング

こんにちは!今回は犬の「マーキング」についてお話したいともいます!

 

 

みなさんの愛犬はマーキング癖はありますか?家の中あちこちでマーキングされて頭を抱える人は少なくありません。

 

 

なぜ、犬はマーキングするのか、防止(予防)させるためにはどうしたら良いのか見ていきましょう!

 

 

 

犬のマーキングとは?

 

 

 

縄張り意識の強い動物である犬は自分の存在をアピールするために、さまざまなもの・場所に排尿します。この行為を「マーキング」といいます。

 

 

 

 

マーキングをする目的

 

 

 

縄張りを主張するためのマーキング

 

 

 

マーキングは基本的に自分の縄張りを他の犬に主張するために行われます。自分のにおいを残して、「ここは自分の場所だ」と示しているわけです。

 

 

 

犬のマーキングを観察すると、片足を上げて行うことが多いですが、高い位置に自分のオシッコをかけようとします。これは、高い位置にオシッコをかけられる大きな体格の犬だと思わせようとしているんです。

 

 

 

小型犬の中には、逆立ちをしてまで高い位置にマーキングしようとする犬もいます。

 

 

 

 

あいさつ・自分紹介のためのマーキング

 

 

 

犬は縄張りの主張だけでなく、あいさつや自己紹介のためにもマーキングをすることがあります。

 

 

 

犬のオシッコにはたくさんの情報が込められており、性別や体調、感情なども分かると言われています。そのため、マーキングすることで自分のことを他の犬に伝える自己紹介的な役割も持っています。

 

 

 

 

繁殖相手を探している

 

 

 

マーキングは、オスの犬がするものだと思われがちですが、メスの犬でも見られる行為です。特に発情期に入ると、積極的にマーキングを行います。その匂いをオス犬たちが嗅ぎ、自分が繁殖相手になろうとその上にさらにマーキングをしていくのです。

 

 

また、オス犬は足を思い切り高く上げてマーキングをすることがありますが、これは、他のオス犬に新たにマーキングをされないようにするためだと考えられています。

 

 

 

「自分がボスだ!」のマーキング

 

 

 

愛犬が電柱や街路樹だけでなく、家の中でマーキングをするようになって困っているという飼い主さんが時々いますが、実はこの手のマーキングは注意が必要です。

 

 

 

家の中でのマーキングは飼い主と犬の主従関係が逆転していることを意味するからです。(><)

 

 

 

普通、家というのは飼い主のものであって、家の中は飼い主のテリトリーです。飼い主をボスと見ている犬であれば、家の中でマーキングすることはありませんが、飼い主を下に見ている場合、家の中でもマーキングすることがあるのです。

 

 

 

この場合、マーキングの他にも飼い主に対して飛びついたり唸ったりしますし、無駄吠えや散歩中にリードを引っ張るなどの行動を見せることがあります。

 

 

 

 

ストレスが原因のマーキング

 

 

 

愛犬との上下関係も問題ないのに家の中でマーキングする場合、それは愛犬のストレスを意味することがあります。

 

 

 

引っ越しをしたり他のペットが家族に加わったりして生活環境が変わる、飼い主家族に赤ちゃんが生まれて関心が自分に向けられなくなった、などが原因でストレスを感じてしまいます。

 

 

 

 

室内でマーキングをしてしまう場合

 

 

室内でマーキングされるとあちこち汚れて困りますよね(汗)マーキングさせないためにはどうしたら良いのでしょうか??

 

 

愛犬への対応も今一度確認してみてください。室内でマーキングしてしまうのは、先ほども言いましたが、

 

 

ストレスがたまっている

 

 

 

飼い主さんになかなか構ってもらえないときや、散歩に満足していない時などに、飼い主さんの気を引こうとマーキングするのです。

 

 

 

トイレを覚えていない

 

 

 

室内で頻繁に、一気に排尿するのは、マーキングではなく、トイレを覚えていない可能性が高いかもしれません。トイレを覚えていなくて、他の場所でしてしまう犬は少なくありません。

 

 

 

 

 

犬のマーキングと排尿の違いはなに?

 

 

犬のマーキングと排尿の大きな違いは、マーキングは本能的に行っているものであり、排尿は生理的現象です。

 

 

 

具体的にはどのように違うのでしょうか?

 

 

 

 

マーキングは少量の尿を出し、垂直に立っているものに行う

 

 

マーキングでは、飼い主さんが気づかないくらいの少ない量の尿を出すこともあります。これは、多くの場所にマーキングをしなければならないため、少量の尿を様々な場所にする習性があるからです。

 

 

 

また、電柱のような垂直に立っているものにマーキングをすることが多いでしょう。排尿であれば草むらなどの場所でも行うことがあります。

 

 

 

 

室内でマーキングを予防させる方法

 

 

まずはマーキングする原因を取り除く

 

 

ストレスが原因でマーキングをするようになった場合は、そのストレスを発散させてあげることが大切です。

 

 

例えば、引っ越しによる生活環境の変化が原因でストレスを感じているのなら、愛犬が安心できるように、ハウスの中に飼い主さんのニオイのついたタオルなどを入れてあげるのがよいでしょう!

 

 

 

散歩に満足行っていない犬なら、普段より多く散歩に行きましょう!コミュニケーションもたくさんとってあげてください!

 

 

 

 

トレーニングを徹底する

 

 

 

マーキングをやめさせるには、まずトイレトレーニングを徹底することです。

 

 

 

オス犬は片足を上げてマーキングしますが、マーキング対策用のL字型トイレを用意し、そこにマーキングさせるようにします。そして、そこで用を足せたら、すかさず褒めるようにしましょう!(^^)

 

 

 

家の外でマーキングをしようとした場合には、そのマーキングを邪魔するようにします!もし、間に合わずにマーキングしてしまったら、そのことに反応せずに水で洗い流して、消臭スプレーをかけましょう。

 

 

 

 

去勢・避妊手術をする

 

 

 

マーキングはメス犬にも見られますが、ホルモンの関係上、オス犬に多い行為です。そのため、去勢手術によってホルモンを抑えることで、マーキングを減らす効果が期待できます!

 

 

 

去勢手術は病気の予防にも有効なので、愛犬の子犬を望まない場合は、検討してみるのもよいでしょう!

 

 

また、メス犬も避妊手術をすることで、マーキングをしなくなる可能性があるといわれています。オス犬同様、病気予防にもつながりますので、検討してみてください。

 

 

 

 

主従関係を明らかにする

 

 

 

家の中でマーキングを繰り返す場合には、主従関係が逆転している可能性がありますので、飼い主であるあなたがボスだと分からせるようにしましょう!

 

 

 

良い行動のときだけ褒め、散歩などでも犬が自分より前を歩くことがないようにします。また、ベッドやソファなど人間が使うものに座らせたりしないようにしましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?犬の排尿とマーキングの違いは理解していただけたでしょうか?

 

 

 

マーキング癖を治すのには、まずその行為をしてしまう原因を見つけなければなりません。ご家庭で多いのはストレスや不安でしてしまうことです。今一度愛犬とのコミュニケーションをしっかりと行い、主従関係を確認しましょう!

 

 

 

家ではマーキングしないけど、お出かけ先、カフェなどに行ったと気にしてしまう場合は、マナーベルトを使用しましょう!(^^)