寒い冬は犬にも暖房器具は必要?!

犬も暖房器具が必要?

こんにちは!トリマーの黒岩です(^^♪

 

 

 

寒い季節になると暖房は欠かせませんよね、、、

 

 

 

犬は暖房器具を使ってもよいのでしょうか?何度設定にしたらよいのかなど紹介したいと思います!

 

 

 

 

犬に暖房器具は必要?

 

 

 

厳しい寒さの季節の時は、犬にも暖房器具や防寒グッズで寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「バーニーズマウンテンドッグ」や「秋田犬」など寒冷地域出身の犬種や長毛の犬は寒さに強い傾向がありますが、小型犬や短毛犬種は寒さに弱く、パピー(子犬)やシニア犬(老犬)は体温調節がうまくいかないこともあるため、寒さ対策をしてあげる必要があります。

 

 

 

 

暖房の温度設定はいくつ?

 

 

 

犬にとっての過ごしやすい気温は20℃前後、湿度50〜60%といわれています。

 

 

20℃はあくまでも目安として防寒グッズなどを併用し、犬が寒くなったら暖まりにいける環境を作ってあげるようにしましょう。

 

 

 

 

寒さが苦手な犬種

 

 

 

犬はシングルコートとダブルコートという2種類の被毛に分けられます。

 

 

 

犬の被毛には、皮膚を保護する硬い毛質のオーバーコート(上毛)と、体温を調節するふわふわとしているアンダーコート(下毛)の2種類があります。

 

 

 

オーバーコートとアンダーコートの両方を持つ犬を「ダブルコート」、オーバーコートのみを「シングルコート」といいます。

 

 

 

短毛種や小型犬は寒さに弱い傾向にあります。

 

 

 

シングルコート犬種

 

 

 

トイプードル、マルチーズ、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャー・テリア、パピヨン、ミニチュア・ピンシャー.…などがあげられます。

 

 

 

 

ダブルコート

 

 

 

柴犬、コーギー、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、チワワ、フレンチブルドッグ、シェットランドシープドッグ…などです。

 

 

 

 

寒すぎるとどうなってしまう?

 

 

 

低体温症になってしまう

 

 

 

犬の平熱は小型犬で38.6℃から39.2℃大型犬で37.5℃〜38.6℃が目安とされています。

 

 

 

体温調節がうまく出来ないと、夏場でいう熱中症と同様で、「低体温症」を発症する恐れがあります。

 

 

 

低体温症になると、元気がなくなる。震える。などの症状が見られます。

 

 

 

日ごろから体温を確認して、異常に高くないか、低くないかを感じられるようにしましょう。

 

 

 

特に、体温調節が苦手なパピー(子犬)やシニア犬(老犬)は注意が必要です。

 

 

 

 

犬が寒がっている時のサイン

 

 

 

  • 小さく丸くなる

 

  • 小刻みに震える

 

  • 布団や毛布にもぐる

 

  • 散歩に行きたがらない

 

 

などが挙げられます。

 

 

 

犬が寒がっているときには、室温は低くないか、廊下や窓際の冷えやすい場所にケージを置いていないか、直接床の上に寝ていないかなどを確認してあげましょう。

 

 

 

 

愛犬への暖房器具への選び方・使い方

 

 

エアコンは直接風が当たるのを避ける

 

 

 

エアコンなどの暖房器具の使用自体はOKですが、肌が乾燥することで皮膚病になる可能性があります。直接風が当たるのを避けましょう。

 

 

 

また、エアコンの風でほこりや毛を舞い上げることでアレルギーを発症することもあります。定期的に清掃することが大切です。

 

 

 

 

床暖房はブランケットなどのアイテムを使う

 

 

 

犬はお腹を床にくっつけていることが多いため、床暖房の熱が体に籠りやすくなります。そのため、冬でも熱中症になる可能性があります。

 

 

 

愛犬がよく寝る場所にはブランケットを敷くなどして直接床に触れない工夫をしましょう。また、犬から長時間目を離す場合や寝床では、床暖房は使わずに別の対策をおすすめします。

 

 

 

 

オイルヒーターは空気が乾燥しにくくおすすめ

 

 

 

部屋を暖めるにはエアコンやヒーターなどの暖房器具を活用するのが一番早いものの、乾燥しやすくなります。

 

 

 

一方、オイルヒーターは部屋が暖まるまでに時間はかかるものの、輻射熱で空気自体を温めるため、空気が乾燥しにくく犬と暮らす家庭にはおすすめです。

 

 

 

 

暖房器具を使う際の注意点

 

 

 

やけどや低温やけどに注意

 

 

 

犬が触れたり近づけたりする距離にあるヒーターは、サークルで囲うなどして犬が近づけないようにしましょう。誤って倒してしまうと大やけどを負う恐れがあります。

 

 

 

電気カーペットや湯たんぽ、カイロなどは触れ続けていると低温やけどになってしまいます。

 

 

 

低温やけどは自分の体温よりも高いものに触れ続けることによって、皮膚の奥からじわじわと悪影響がでてくるため、完治までに時間がかかります。

 

 

 

ひどい場合は水ぶくれになってしまうこともあります。

 

 

 

 

極度な乾燥に注意

 

 

 

犬の粘膜まで乾燥するとウィルスが体内に入りやすくなり、体調を崩す恐れがあるため、加湿器を併用するのもいいでしょう。

 

 

 

もし加湿器がない場合は、バスタオルを濡らして室内に干しておくだけでも効果的です。

 

 

 

人間にとっても風邪を引くきっかけになるため、タオルを増やしたり加湿器を置いたりして、意識的に乾燥を防ぎましょう

 

 

 

 

火災に注意

 

 

 

ヒーターの近くに衣類を置いておいたり、地震などによって倒れたりすると火災の原因になります。

 

 

 

特に犬にお留守番させる時は必ずヒーターや電気カーペットの電源は切るようにしましょう。

 

 

 

防寒グッズを置いても、寒さが厳しそうな場合はエアコンをつけておくようにするといいでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

冬に暖房器具は犬にも必要ということがわかりましたね。

 

 

 

暖房を使用する時は、設定温度や、注意点をしっかり理解してから使用するようにしましょう。

 

 

 

直接犬に風が当たらないように気をつけましょう。

 

 

 

防寒グッズを使って寒さ対策を行いましょう!