暑い夏場は熱中症に注意!

熱中症

熱中症対策

 

 

こんにちは!夏場が近づいてきてこれから心配されるのは「熱中症」です。「人間しかならないでしょう」と思っている方!その考え方間違っていますよ!

 

 

 

実は犬も熱中症になるのです。犬はごく一部でしか汗をかけないので熱中症になりやすいといわれています。

 

 

 

熱中症にならないために症状や対策を紹介していきたいと思います!

 

 

 

犬の熱中症とは?

 

 

日射病や熱射病などの総称で、体温調節機能が働かなくなり高体温や脱水になることで生じる全身の疾患です。

 

 

 

犬は身体のごく一部でしか汗をかけないので、人のように全身に汗をかいて体温調整をすることができません。パンティング(ハッハッと激しく口で呼吸をすること)によって水分を蒸発させて体温を下げようとしますが、気温や湿度が高かったり、気道に問題があったりする場合、うまく蒸散できず、体温を下げることができません。

 

 

体温が高い状態が続くと身体を作っているタンパク質が変性し、様々な臓器の機能に障害が出てしまいます。また、脱水すると、障害がさらに進み、多臓器不全に陥ります。

 

 

 

こんな症状があったら注意!

 

 

 

暑い季節に愛犬の様子がおかしいと思ったら「熱中症」かもしれません。

 

 

初期の症状としては・・・

 

 

  • 体が熱くなる

 

  • 呼吸数や心拍数が増える

 

  • よだれが増える

 

  • 落ち着きがなくなる

 

  • 目や口の粘膜の充血

 

  • 自分で水を飲みに行かない、ご飯を食べない

 

  • ボーっとしている、フラフラしている

 

  • 横になって起き上がろうとしない

 

 

 

まずはこれらの症状がないか確認することが、熱中症を見分けるポイントとなります。

 

 

また、このような症状が出る前にどのような状況にいたかも振り返りましょう。たとえば、次のような点を伝えられると、動物病院での診断の助けにもなります。

 

 

 

  • 暑い日中に外にずっと出ていた

 

  • 外で興奮していた

 

  • 暑い日に車の中の密室状態の中にいた

 

 

 

 

 

さらに重症化すると・・・

 

 

  • 嘔吐や下痢

 

  • ぐったりする

 

  • 吐いたものや排泄物に血が混じる(吐血/血尿/血便)

 

  • 筋肉の痙攣や震え(発作や脱水など)

 

  • 歯茎が白くなる/舌や粘膜が青紫になる(チアノーゼ)

 

  • 意識がなくなる、呼びかけても反応しない(失神/昏睡)

 

 

 

犬の平熱は38℃前後ですが、42~43℃を超えるような高体温になると、多臓器不全となり命に関わることもあります。

 

 

 

 

熱中症になってしまう原因

 

 

高温多湿環境に放置してしまうこと

 

 

熱中症は屋外の病気と思われがちですが、室内でも発症します。暑い時期にエアコンのついていない室内に置いて出かけたことで発症したケースなどもあります。

 

 

その他には、自動車の中に短い時間でも置いていく。暑い時期は車内の温度が非常に高くなり、窓を開けるなどの対策をしてもさほど下がらないので危険です。

 

 

過度な運動

 

 

運動をすることで体温が上がります。その際、人は汗をかくことで体温調節ができますが、犬はほとんど汗をかけないので、体温調節がうまくいかず、熱中症を引き起こしやすくなります。また、気温や湿度が高いときにはたとえ短時間でも注意が必要です。

 

 

暑い時間のお散歩

 

真夏のアスファルトは50~60℃まで熱せられるとも言われています。地面との距離が人より近い犬は、地面からの熱を受けやすいため、暑い時間に散歩にいくことも熱中症の原因の一つになります。

 

 

夏場に散歩をするのならば、早朝か夕方(夜)にしましょう!

 

 

熱放散機能が低下している

 

 

前述のように、犬は口から水分を蒸散させて熱を下げます。しかし、犬種の特性や病気、肥満により熱を下げる力が低い場合、熱中症の危険性が高まってしまいます。

 

 

 

特に気をつけてあげたい犬種は?!

 

 

 

  • 短頭種(パグ、フレンチ・ブルドック、ボストン・テリア、チワワ、シー・ズーなど)

 

上部気道(※)が狭いため、水分を蒸散する能力が低く、熱中症になるリスクが非常に高いです。

※呼吸器(気道)のうち、鼻から鼻腔、鼻咽腔、咽頭、喉頭までをいいます。

 

 

  • 北欧犬種(シベリアン・ハスキー、サモエドなど)

 

もともとは涼しい地域の犬種なので暑さに弱く、また毛が密なため熱中症になりやすいです。

 

 

  • 毛色が黒い犬

 

毛が日光の熱を吸収しやすいため注意が必要です。

 

 

  • 心臓病、腎臓病、呼吸器疾患など持病がある

 

脱水しやすい、呼吸状態が悪化しやすいなどの理由で発症のリスクが高くなります。

 

 

  • 肥満

 

厚い皮下脂肪により体表から熱が放散しにくく、また喉にも脂肪が付着することで気道が狭くなり発症しやすいです。

 

 

 

応急処置の仕方

 

 

愛犬に熱中症と思われる症状がみられたら、病院に連れて行く前に、できるだけ早い対処が必要です。まずは体を冷やすこと、もし水を飲むようであれば、水を与えることが応急処置になります。

 

 

お散歩中やドッグランで熱中症の症状が現れた場合は、すぐに日陰に移動してください!全身にバスタオル(なければタオル)を全身にかけ(顔は出してあげる)、冷たすぎない水をかけてあげる

 

 

水を浸したタオルで全身を巻けたら、保冷剤をタオルでまき、脇や首、内股を冷やして体温を下げます。

 

 

注意:冷たすぎる水だと熱放散ができなくなったり逆効果です。体温が下がりすぎてしまうので注意しましょう。

 

 

夏場のお散歩には、タオル・保冷剤・いつもより多めの水を用意しておきましょう!

 

 

 

動物病院に連れて行くべき??

 

 

応急処置をしても苦しそうにしていたり、意識がなければもちろんですが、自分で応急処置が終わって、愛犬もケロッとして元気でいても、機能障害などが起こっている可能性もゼロではないので、自分で判断せず、動物病院に相談、または受診しましょう。

 

 

症状が後日出てきてしまう可能性もあります。

 

 

 

熱中症予防・対策

 

 

お散歩のとき

 

暑い時期のお散歩は、早朝や日が暮れた後などの涼しい時間に行くようにしましょう。早朝は気温や地面の温度がまだ上がっていないためおすすめです!

 

日が暮れてすぐはまだアスファルトが熱いので、数時間たって、地面を触ってみて熱くないか確認してからにするといいでしょう。(^^)

 

散歩中は水分をしっかり補給するようにします。さらに、暑さ対策として、首に濡らしたタオルや犬用の保冷剤を入れられるバンダナなどを巻いておくと、熱中症の予防になります。短頭種などのリスクの高い犬は、無理にお散歩に行かないのも選択肢の1つです。

 

 

お出かけしたとき

 

車で外出した際にはこまめに犬の様子を確認し、エアコンをしっかりかけ、水分を十分に与えましょう。保冷剤やひんやりマットなどを使うのもおすすめです。

 

 

犬を置いて車から離れるのは、たとえ窓を開けていたとしても非常に危険なので絶対にやめましょう。

 

 

 

室内にいるとき

 

 

熱中症は室内での発症も多いです。暑い時期にはエアコンを使用して、温度や湿度の管理をしましょう。また、カーテンなどで日陰を作り、犬が日光から逃げられる場所を用意することも大切です。

 

 

 

犬に適した温度や湿度は?

 

 

犬に適した環境は、室内の温度は25〜28℃、湿度は45〜65%だといわれています。必要に応じてエアコンや扇風機を使用し、室内の換気を行うなど、室温と湿度の調整を心がけてください。

 

 

ただし、下げすぎてしまうと体調不良を引き起こしてしまいます

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?犬の熱中症も人間と同じで危険な状態にまで症状が悪化してしまうことがあるのです。

 

 

夏場はお散歩をする時間も早朝か夕方(夜)にしてあげましょう(^^)自分は厚くなくても愛犬にとっては肉球が直にあたっているので、やけどしてしまいますのでちゅういしてください!

 

 

 

もし愛犬が熱中症になってしまったら焦らず、まずは日陰に移動して水をあげましょう。それから順番に冷やしてあげましょう!(^^)

 

 

 

飼い主さんも愛犬も熱中症にならないように気をつけましょう!