犬が前足で顔を掻く理由はなに?

犬の前足で顔を掻く

こんにちは!トリマーの黒岩です(≧▽≦)

 

 

 

愛犬が、前足で顔を掻いている姿を見たことはありませんか?

 

 

 

寝起きのときなどは良くみられる行動だと思います。

 

 

 

 

犬が前足で顔を掻く理由

 

 

 

目がかゆいから

 

 

 

犬の目に異物が入り違和感を感じるときや、目の周りが痒いときに前足を使って掻こうとする仕草をします。

 

 

 

犬の目の周りには長い毛が生えている為、人間よりも目に異物が入りやすいのです。

 

 

 

もし愛犬が前足で顔を隠しているような姿を見かけたら、涙はでていないか、目やには出ていないかなど、目の状態を確認するようにしましょう。

 

 

 

 

耳が痒い

 

 

 

耳が痒い場合は、たいていは後ろ足で掻くことが多いですが、前足で掻くこともあります。

 

 

 

前足で掻く場合、上手に掻くことができる犬もいれば、前足が耳に届かずに顔を隠しているような状態になってしまう犬もいます。

 

 

 

耳は耳垢が溜まりやすく、特に垂れ耳の犬は通気性が悪くて湿気も多いので、何かしらのトラブルになりがちです。

 

 

 

治療が必要になるかと思うので、早めに動物病院へ連れ行きましょう。

 

 

 

 

換毛期に入っている

 

 

 

犬種によっては春と秋に毛が生え替わる換毛期があります。

 

 

 

換毛期には抜けた毛が毛玉になりやすく、不快感やかゆみを引き起こす原因になります。

 

 

 

換毛期に顔を掻いている場合は、こまめにブラッシングを行ってあげましょう。

 

 

 

 

部屋が乾燥している

 

 

 

部屋や皮膚が乾燥していると、犬はかゆみを感じて、顔をかくことがあります。犬を気遣うあまり、シャンプーの頻度が多かったり、エアコンをつけすぎていたりはしないでしょうか。

 

 

 

加湿器などを使って対策をしましょう。

 

 

 

犬が顔を掻く心理的な理由

 

 

 

ストレスに感じている

 

 

 

犬が後ろ足で顔を掻くのは、ストレスを感じている可能性があるといわれています。

 

 

 

首輪の付け外しや、服を着せたいり脱がしたりする時に顔を掻く仕草が見られる場合は、それらのアイテムを身に着けるのが嫌なのかもしれません・・・。

 

 

 

ストレスに感じているとき、後ろ足で顔をかく以外に、体をブルブルと震わせていることがあります。愛犬の様子を観察するようにしてみてください。

 

 

 

 

かまってほしい

 

 

 

犬が前足で顔を掻いている場合は、飼い主さんにかまってもらいたいという気持ちの表れかもしれません。

 

 

 

他の犬を相手にしているときに顔をよく掻いているようであれば、やきもちを焼いている可能性もあります。

 

 

 

また、顔を掻く仕草をした時に飼い主さんが声を掛けたり、喜んだりしていたら、飼い主さんの気を引こうと顔を掻く仕草をすることもあります。

 

 

 

愛犬に興味を持っていることを伝えるためにも、一緒にたくさん遊んであげるようにしましょう。

 

 

 

 

犬が顔を掻く時に考えられる病気

 

 

 

顔を掻く仕草は病気の可能性もあります。

 

 

 

結膜炎

 

 

 

結膜炎とは、白目の表面を覆う結膜が炎症を起こす病気です。発症原因には細菌や異物による傷が考えられます。

 

 

 

炎症によってかゆみや違和感を感じるため、顔を買うしぐさが症状としてあらわれます。

 

 

 

かゆみの他には、目の充血、涙、目ヤニが増えるといった症状が表れます。

 

 

 

 

犬の皮膚炎

 

 

 

皮膚炎とは、皮膚に炎症が起き、かゆみを引き起こす病気です。

 

 

 

かゆみの他には、皮膚が赤く腫れたり、脱毛する、色素沈着がある、フケが出るといった症状が見られます。

 

 

 

 

耳の外耳炎

 

 

 

犬が耳を痒がっている場合、外耳炎の可能性があります。外耳炎とは、耳に炎症が起きる皮膚病の一種です。

 

 

 

主にかゆみが症状として表れるため、顔を掻く以外に、床や壁にこすり付けたり、頭を振るといった行動が多く見られます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

犬が前足で顔を掻いているのは、目に異物が入っていたり、顔が痒かったりする時です。