犬に危険な植物を育てていませんか?!

危険な植物

こんにちは!みなさんはお家で植物を育てていますか?

 

 

もしかしたらそれ、犬には悪い植物かもしれません(><)

 

 

外で遊ばせていて、草を食べる犬もいるのではないでしょうか?

 

 

危険な植物を食べてしまっているかもしれないので、愛犬を危険な目にあわせないためにも何が危険な植物なのか理解しましょう!

 

 

 

犬はなぜ草を食べるの?

 

犬は体調管理の時に草を食べる

 

 

元々野生に生息していた頃の犬は、怪我の治療胃腸を整えるために草を食べたそうです。

 

 

人と生活する犬たちが、体調が悪いときに草を食べて体を回復させるのは、野生の頃からの本能を忘れていないということですね。

 

 

 

胃腸の調子が悪い(胸やけ・消化不良)

 

 

犬は元々肉食動物に近い胃腸です。腸が短いので、草などの植物繊維を十分に消化できない特徴があります。

 

そのため、犬は胸やけ・消化不良を起こした時に、草を食べます。

 

 

おやつのあげすぎには注意しましょう((+_+))

 

 

 

誤飲したものや溜まった毛玉を吐き出す

 

 

犬には、草を食べたら胃の中のものを吐き出せるという本能があります。食べた草が胃を刺激して、誤飲した物や溜まった毛玉を吐き出すのです。

 

 

このため、犬は吐き出したい時にも、草を食べたりします。

 

 

 

ビタミン不足

 

 

ビタミンが不足していると感じた犬が、ビタミンを補足するために草を食べたりします。

 

 

野菜を少し足してあげましょう(^^♪

 

 

 

犬に危険な植物

 

※()の中は特に毒が多い部分

 

・アサガオ(種)

 

・アジサイ(つぼみ)

 

・アロエ(果肉・乳液)

 

・アマリリス(全体、特に球根)

 

・イチイ(樹皮、木、種)

 

・イチョウ(銀杏部分)

 

・イチジク(果実)

 

・シクラメン(根)

 

・シャクナゲ(葉)

 

・ジャスミン・スイセン(全体、特に球根)

 

・スズラン(球根)

 

・キキョウ(根)

 

・キク・チューリップ(球根)

 

・ツツジ科全般・ハイビスカス・パンジー(根、種子)

 

・ヒヤシンス(全体、特に球根)

 

・フジ(さや・種子)

 

・ベゴニア(根)

 

・マリーゴールド(根・葉)

 

・ユリ科全般(全体) 

 

など

 

 

球根のある植物は犬にNG!

 

先ほど紹介した中でも特に危険な植物。

 

  • ユリ

 

  • チューリップ

 

  • 長ネギ・玉ねぎ

 

  • スズラン

 

  • スイセン

 

  • ベゴニア

 

  • シクラメン

 

  • ヒガンバナ

 

 

身近にある危険な植物

 

家庭菜園やベランダ、室内、散歩中によく見る植物

 

  • ナス

 

  • キク

 

  • シュウメイギク

 

  • アジサイ

 

  • アロエ

 

  • アサガオ

 

  • イチョウ

 

  • ハイビスカス

 

  • イチジク

 

  • カーネーション

 

  • サフラン

 

  • ナンテン

 

 

 

もし食べてしまったら?

 

 

もしもこれら毒性のある植物を食べてしまった場合は、多くの水を飲ませて、可能であれば吐かせるなど対処し、早急に動物病院で診察を受けてください症状が見られるまでに時間がかかることもありますので、食べてしまった可能性があれば、早めに対処してあげましょう。

 

 

どのような症状が出るの?

 

 

誤飲したものの種類や量、犬の体格や体質によって、症状や症状が発現するまでの時間、重症度が異なります。

 

 

誤食後に時間が経過してしまうと、治療が困難になる場合や、症状が重くなる場合があり、場合によっては死に至ることもあるので注意が必要です。

 

 

症状は様々ですが、一般的に嘔吐や下痢、流涎(よだれ)、食欲不振、元気消失などの症状がみられることが多いようです。このほか、脳や心臓、神経などに作用する中毒物質もあります。

 

 

 

犬が食べても良い植物は?

 

 

  • クマザサ

 

犬が好んで食べるのがこのクマザサです。犬の胃に溜まった毛玉などを吐き出すのに最適です。

 

 

  • えん麦

 

胃もたれや胸やけを解消できる、犬のための胃腸薬です。

 

 

  • カモミール

 

カモミールは、ダニやノミ対策にも効果があります。香りが良く犬にとって安全なハーブです。

 

 

  • ローズマリー

 

少し接触するだけで香りが広がるローズマリーは、犬の匂いの消臭にも役立ちます。

 

 

  • タイム

 

タイムも消臭効果があります、タイムは繁殖力が強く日当たりがよければ横に広がっていきます。

 

 

 

以上が犬の食べてもいい植物です!この5つの植物以外は避けるのが無難でしょう。(><)

 

 

 

愛犬が危険な植物を食べないようにする対策

 

 

愛犬と一緒に暮らすお庭では、植物を育てる前に万が一食べてしまっても大丈夫かどうかを事前に調べておきましょう

 

 

すでに危険性のある植物を植えてしまっているという場合は、その場所に愛犬が近づかないように植物の周りにフェンスを立てたり、砂利より大きな栗石などでマルチングしたりすることで掘り返されないようにするのも有効だと思います!

 

 

愛犬が自由に走り回れるようにフェンスで囲い、家庭用ドッグランなどもいいですね!植物を折り返される心配もありません!

 

 

また、植物の葉や実をおもちゃにしないようしつけたり、危険な植物が植えてある場所では目を離さないよう、普段の行動も大切です!散歩中の誤飲・誤食を防ぐことにもつながります!

 

 

 

除草剤や農薬が付着した草にも注意!

 

 

特に危険なのが、除草剤や農薬が付着している草を食べてしまうこと。公園などの場合、除草剤を散布したというアナウンスがあるはずです。

 

 

しかし、基本的には農家は散布した後もアナウンスしないので、田畑の近くではとにかく食べさせない方が良いでしょう。農薬をまく季節は特に注意が必要です!

 

 

もし、除草剤や農薬が付着している草が体内に入ると、痙攣や、意識不明などの症状が見られます。自分で処置をしようとせず、すぐに動物病院へ行きましょう。

 

 

応急処置のために水や牛乳を飲ませる人がいますが、余計に吸収のスピードをあげてしまうので注意が必要です。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?犬に危険な植物はたくさんありましたね💦

 

 

愛犬に危険な植物を育てているご家庭はすぐに植物の移動や対策をしましょう。愛犬が口に入れてからでは手遅れになってしまうかもしれません!

 

 

散歩中にもいつどこで除草剤や農薬がまかれているかわかりません。草をぱくっと食べてしまわないように、普段からしつけを行いましょう。

 

 

誤飲・誤食のないハッピーライフを♪♪