犬がムキムキするのはどうして?

犬がムキムキする理由

こんにちは!トリマーの黒岩です(^^)

 

 

 

みなさんの愛犬は怒ったときなどにムキムキする行動はしますか?

 

 

 

どんな時にそういう行動をするのか見ていきましょう。

 

 

 

犬がムキムキするのはどうして?

 

 

 

警戒心や恐怖心

 

 

 

犬は警戒心や恐怖心が強い動物です。

 

 

 

初めての場所や他の犬や家族以外の人に対して強い警戒心を持つ傾向にあります。

 

 

 

犬は唸りながら尻尾をすることもあります。怒っているの?喜んでいるの?とわからなくなりますよね。尻尾を振るという行動は興奮状態を表しています。

 

 

 

もし愛犬が唸りながら尻尾を振っているときは、強く警戒していると思ってください。その時に頭を触ろうとすると噛まれる可能性があります。

 

 

 

 

縄張り意識

 

 

 

犬は縄張り意識が強い動物です。お客さんや宅配業者など家族以外の人を侵入者とみなし、唸ります。

 

 

 

この行動はお気に入りのおもちゃに対しても発揮されます。

 

 

 

縄張り意識からくる唸りは攻撃性が高いので、おもちゃを強引に引き離すなどの行為は危険です。

 

 

 

 

ケガや病気の痛みから

 

 

 

唸っている理由は、病気や怪我の痛みによることもあります。

 

 

 

特に高齢になってくると、体のさまざまなところが衰えて抵抗力も落ちるため、病気にかかりやすくなります。

 

 

 

高齢犬の場合は、唸ることで体調の悪さをアピールしている可能性もあります。

 

 

 

病気や怪我は早期発見が肝心ですので、日ごろのスキンシップは有効な手段です。

 

 

 

触ろうとすると嫌がって唸る、触ると強く唸る場合は、どこかが痛いよというサインかもしれません。

 

 

 

 

犬が笑ってムキムキする理由

 

 

 

  • 嬉しくて楽しい
  • リラックスしている
  • カーミングシグナル
  • 服従している
  • 飼い主の真似

 

 

 

嬉しくて楽しい

 

 

 

犬が笑って歯を見せるのは、嬉しくて楽しいと感じているからです。

 

 

 

本当に楽しいなと感じた時はニコニコ笑顔を見せますし、もっと楽しいなと感じたときは犬は歯を見せながら笑います!

 

 

 

嬉しくて自然と歯が出ることが多いです(^^)

 

 

 

 

リラックスしている

 

 

 

犬が笑って歯を見せる理由は、リラックスしているからです。

 

 

 

気持ちが穏やかにいられる空間にいるといらいらする気持ちがなくなり、静かに過ごすことができます。

 

 

 

お腹も満たされてリラックスしている状態で、歯を見せて笑うことが多いです。

 

 

 

 

カーミングシグナル

 

 

 

カーミングシグナルを伝えるために、犬が笑って歯を見せます。このシグナルは、飼い主さんが落ち込んだ時によく見られます。

 

 

 

飼い主さんが不安な気持ちになっている時、犬は口角を下げて口を開きますが、このシグナルは「僕が傍にいるから安心だよ。落ち着いてね」と伝えていることが多いのです。

 

 

 

 

服従している

 

 

 

服従しているから犬が笑って歯を見せます。

 

 

 

飼い主さんに笑って歯を見せるのは「いつもありがとう。信頼のおけるあなたの言うことだから何でも聞きます」と伝えているとわかります。

 

 

 

 

飼い主さんの真似

 

 

 

犬が笑っては歯を見せる理由は、飼い主さんの真似をしているのです。

 

 

 

大好きな飼い主さんが目の前で楽しそうに「アハハハ」と声を出しながら歯を見せて笑っている姿を見ると、犬は「自分も真似がしてみたい」と思うのです。

 

 

 

真似をする事で大好きな飼い主さんとの距離を縮めたいと感じますし、興味を引いて、好かれたいと感じると歯を見せて笑うことが多いです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

犬が歯を見せてくる行動は2種類ありました。

 

 

 

怒っている、警戒しているときと、喜んでいる時です!

 

 

 

犬の表情で気持ちを読み取ることは大切なことです。

 

 

 

もしかしたら病気が隠れている可能性もあるので、日ごろから愛犬の様子を観察するようにしましょう。