犬が甘えているときの声

犬が甘えている時の声

こんにちは!みなさんの愛犬は甘えている時に、「ワン」ではなく、少し変わった鳴き声をしませんか?

 

 

犬の鳴き声の理由にもさまざまな理由があります。

 

 

今回は、「犬が甘えた時の声}についてお話したいと思います!

 

 

甘えている時の声

 

犬が甘える時の声

 

 

高く短い声で「ワンッ!ワンッ!」

 

 

愛犬が「ワンワン」と吠えていると、「警戒しているのかな?」と勘違いしがちですが、いつもより高い声で短く「ワンッ!ワンッ!」と吠える時は、甘えていたり、喜びや楽しいという気持ちを示しています。

 

 

 

例)長時間の外出から飼い主さんが帰ってきたときに吠える。これは「お帰りなさい!」「寂しかったよ!」というように甘えたいという気持ちと嬉しさが交じり合っている状態です。

 

 

反対に、低い声(トーン)で「ワンワン」と吠えている時は、警戒や拒否を意味しています。

 

 

 

高い声で鼻を鳴らすような「キュンキュン」

 

 

飼い主さんのほうをジッと見つめながら、高い声で「キュンキュン」「ヒュンヒュン」といった、どこか切なそうな声を聞いたことはありませんか?

 

 

これは飼い主さんに対して「甘えたい」という気持ちを伝えるときの鳴き声です。喜んでいたり、おねだりをしています。

 

 

「キャンキャン」という鳴き声は痛みを耐えるときにも多く発することがあります。きちんと様子を観察しながら何を訴えているのかを見極めましょう!

 

 

 

「ヴ~…」と鳴く

 

 

「ウーッ」と唸り声を出すときは、ほとんどが威嚇か警戒、怒りと言った感情を表しているわけではありません。

 

 

基本的に警戒や攻撃と言ったネガティブな唸り声は、歯をむき出しにして、表情も眉間辺りにしわを寄せることが多いため、見て「あ、怒っているな」と分かることがほとんどです。

 

 

しかし、一緒に遊んでいるときや、撫でられているときに軽く「ヴ~…」と消え入りそうな唸り声は、「気持ちいい~」「楽しい」と飼い主さんに甘えている状態を表しています。

 

 

 

「クゥーン」と鳴く

 

 

飼い主さんもすぐに分かる鼻から抜けるような「クゥーン」という高い鳴き声は、「もっと遊んでほしい」「構ってほしい」「寂しかった」というように、とにかく飼い主さんに甘えたいという時にこのような声を出す犬は多いです。

 

 

 

犬が甘え鳴きするときはどんなとき?

 

 

犬はときどき甘えたように「クーン」や「クゥンクゥン」といった高い声で甘えたような鳴き声、「甘え鳴き」をします。

 

 

 

甘え鳴きをするときの基本的な意味は以下の通りです。

 

 

  • 甘えている

 

  • おねだりをしている

 

  • 不安や恐怖を感じている

 

  • 体調不良になっている

 

  • ケガや病気をしている

 

  • 認知症になっている

 

など

 

 

 

甘え鳴きしている時のNG行動

 

犬が甘えた時にだす声

 

構いすぎている

 

 

犬が寂しい気持ちになって甘えながら「クゥンクゥン」と鳴いているときは、構いすぎないようにしましょう。

 

 

もし愛犬が甘え鳴きをした時に「寂しくて鳴いているのかな?」と感じた場合は。愛犬が落ち着くまで抱っこしたり撫でたりしないで、ただ傍にいてあげると良いと思います。

 

 

お留守番させる時は飼い主さんの匂いがする衣類などを愛犬のお気に入りのところに置いてあげると安心するかと思います。

 

 

「クゥンクゥン」と寂しそうに鳴く愛犬の姿をみると少し可哀想に感じるかもしれませんが、甘やかしすぎないように注意しましょう。

 

 

 

要求に応えすぎている

 

 

犬が甘え鳴きをしながら要求をしてくる時は、飼い主さんの心を鷲掴みにするほどの可愛さを放ちますので愛犬の要求に毎回応えてしまう。そんな飼い主さんは少なくないかと思います。

 

 

しかし、愛犬の要求にばかり応えていると「わがままな性格」に育ってしまいます。

 

 

おねだりされるたびに食べ物を与えてしまっていたら肥満になってしまう確率が上がりますので気をつけましょう。

 

 

愛犬のためにも程よく厳しく対応する必要があるかと思います。

 

 

 

叱ってしまう

 

 

飼い主さんの中には「愛犬がずっとクゥンクゥンと鳴いておねだりするからイライラしてしまう・・・」そんな人もいるかと思います。しかし、犬が甘え鳴きをするときは、一生懸命自分の声で飼い主さんや周りにそのときの気持ちを伝えているといえますので、どのような理由でも叱ることはNGといえます。

 

 

愛犬が甘え鳴きをしている時に周りを観察して不安を感じる原因があるとしたら、なるべくその原因を取り除いて安心させてあげましょう。もし、すぐに原因を取り除けない場合は愛犬の恐怖心を少しでも和らげるために、少し体をくっつけながら傍に居てあげましょう。

 

 

 

理由がわからないまま無視をする

 

 

おねだりによる甘え鳴きを改善する方法をして「無視をする」という方法をおすすめしましたが、これはハッキリと理由が分かっている場合のみにおすすめする方法となります。

 

 

愛犬の甘え鳴きの理由がハッキリと分かっていない場合は無視をするのはおすすめしません。

 

 

なぜなら、犬が甘え鳴きをするときは、「飼い主さんに助けを求めている」「体調不良」「病気・ケガ」などを知らせていることがあるからです。

 

 

いつもより食欲が無かったりしんどそうにしていたら、病気や怪我が悪化してすごく痛みを感じ、飼い主さんに助けをもとめている可能性があります。

 

 

まずは、無視をせず理由を探ってあげることが大切と言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

犬が甘えるときにだす声

 

 

いかがでしたか?

 

 

犬が甘えている時の鳴き声はいくつかありましたね!

 

 

甘え鳴きをしていて、うるさいからといって理由も理解せずに無視することはやめましょう。

 

 

愛犬からのSOSのサインかもしれませんので、日ごろの観察からしっかりと行い、愛犬の体調にいち早く気づけるのは飼い主さんだけです!