秋に食べても良い食べ物って何?

秋の旬の食材

こんにちは!トリマーの黒岩です(*^^*)

 

 

 

みなさんは、愛犬にドッグフード以外の、手作り料理などを与えていますか??

 

 

 

犬によって、好き嫌いがなかったり、嫌いなものはないをしても食べない、という犬もいるかと思います。

 

 

 

今回は、「秋に与えても良い食材!」についてお話ししたいと思います!

 

 

 

 

犬に人間の食べ物を与えるメリット

 

 

 

便秘解消

 

 

 

野菜には、多くの食物繊維が含まれているため、便秘の解消が期待できます!

 

 

 

ダイエット効果

 

 

 

野菜と、魚は比較的カロリーが低く、特に葉野菜や根野菜はたくさん与えても、カロリーオーバーになりにくい食品です。

 

 

 

食いしん坊で、太りやすい体質の愛犬には、野菜スティックなどで空腹を満たしたり、ドックフードにトッピングしてカサを増して与えると、カロリーをカットすることも出来ます。

 

 

 

タンパク質が摂取できる

 

 

 

新鮮な魚を骨ごと圧力鍋などで加熱して与えると、愛犬の毛や骨、皮膚のための栄養源、タンパク質をたくさん摂取することが出来ます。

 

 

 

 

犬と楽しめる秋の食材

 

 

 

かぼちゃ

 

 

 

かぼちゃは、甘みがあり、喜んで食べる犬も多い秋の食材のひとつ。

 

 

 

濃い甘みが特徴のかぼちゃは、食物繊維が豊富な野菜で、便秘がちな犬にもいいですね。

 

 

 

与えるときの注意点

 

 

 

かぼちゃは、ミネラル、食物繊維を多く含んでいます。

 

 

 

少量でもカロリーが高いため、与えすぎによるカロリーオーバーに気を付けなくてはなりません。

 

 

 

また、たくさん食べてしまうと、便が緩くなってしまいます。

 

 

 

おやつやトッピング程度の量にし、様子を見ながら少量ずつ与えるようにしましょう。

 

 

 

 

さつまいも

 

 

 

食物繊維が豊富なことで知られるさつまいもも、健康な犬であれば、一緒に楽しむことができます。

 

 

 

栄養素としては炭水化物が一番多く、かぼちゃと同じようにビタミン類やカリウムなどのミネラルも豊富です。

 

 

 

食物繊維が豊富で、便秘がちな犬の腸内環境を整えるのにもおすすめです。

 

 

 

 

与えるときの注意点

 

 

 

さつまいもは、カロリー、糖分ともに高めです。与えすぎには注意が必要で、少量のおやつやトッピング程度に与えるのがおすすめです。

 

 

 

生のまま与えると、消化不良の原因になりますので、必ず加熱してから与えましょう。味付けは不要。

 

 

 

その他

 

  • レンコン
  • 大根

 

 

 

リンゴ

 

 

りんごも、犬と楽しめる秋の食材の1つです。優しい甘みと水分が豊富なので、りんごが大好きな犬も多いですよ。

 

 

 

与えるときの注意点

 

 

 

リンゴを与えすぎると、カロリーオーバーになります。与えるのであれば、ひとかけふたかけにしましょう。

 

 

 

大きな塊のリンゴを丸かじりにさせようとすると、大型犬でものどに詰まらせてしまう可能性があります。

 

 

 

与えるときは芯は種の部分をさけ、果肉の部分をみじん切り程度に小さくカットしたりしましょう。

 

 

そのほかに、疲労回復に「リンゴ酸」、皮の部分には、抗酸化作用の高い「ポリフェノール」、体内から余分な塩分を排出したり、利尿効果で腎臓病を予防する「カリウム」などの栄養素が含まれています。

 

 

 

皮は、農薬が残留している可能性があるので、皮を食べさせたい時は、なるべく無農薬のリンゴを選んだほうが良いでしょ

 

 

 

 

 

 

みずみずしく、爽やかな甘みのある梨は、犬がとても喜ぶフルーツ。水分が豊富なので、水分補給にも使えます。

 

 

 

与えるときの注意点

 

 

 

梨には、解作用や消化を助ける作用があり、クエン酸やリンゴ酸、アスパラギン酸、カリウムなどの成分が疲労回復に効果を発揮します。

 

 

しかし、梨の種や未成熟な梨には、毒性のある成分が含まれていることがあります。

 

 

 

与えるときは必ず種を取り除き、しっかりと熟した梨を与えるようにしましょう。りんごと同じように、小さくカットして与えてください。

 

 

 

皮は与えても問題はありませんが、残留農薬を考え、無農薬の場合に限ることをおすすめします。消化が気になる場合には、皮をむいて与えてください。

 

 

 

 

その他

 

 

 

 

 

 

 

健康状態に問題のない犬であれば、鮭を楽しむこともできます。脂が乗っておいしい鮭は、犬が喜んで食べることが多い食材です。

 

 

 

与えるときの注意点

 

 

犬に鮭を生のまま与えてはいけません

 

 

 

鮭には、アニサキスと呼ばれる寄生虫が寄生していることがあるので、必ず加熱してください。

 

 

 

塩鮭は避け、味付けされていない「生鮭」を、調味せずにシンプルに焼く、蒸す、茹でるなどするとよいでしょう。

 

 

 

骨がのどや歯肉に刺さることがありますので、与える前に骨を抜き、骨が十分に取り除けているか確認することをおすすめします。

 

 

 

与えるときには、加熱してほぐした鮭をふりかけのようにフードにトッピングする程度がよいでしょう。ドッグフードの量を少し減らすことでカロリーの調節をすることをおすすめします。

 

 

 

その他

 

 

  • あじ
  • カツオ
  • さんま

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

秋の旬の食材はたくさんおいしいものがありますね♪

 

 

 

さつまいも。かぼちゃ。などとっても甘くておいしい食材です。与えすぎには注意しましょう。

 

 

 

果物も柿、リンゴ、梨などあります。間違えてブドウだけは与えないようにしましょう。

 

 

 

中毒症状を引き起こしてしまいます。