犬が食べては行けな物を食べてしまったら?!

異物混入

犬が誤飲誤食をしてしまったら?

 

 

こんにちは、今回は犬が誤飲誤食(異物混入)してしまった時の対処法についてお話したいと思います!

 

 

愛犬が誤って食べてはいけないものを口にしたことはありませんか??

 

 

気づいたときにはもう飲み込んでしまっていた・・・どうしよう・・・と。誤飲誤食(異物混入)をなるべくさせないためにお話したいと思います。

 

 

 

何の異物を食べたかで対処法が違う!

 

 

異物と言っても、

 

  • 小石

 

  • ティッシュ

 

  • ペットシーツ

 

  • オモチャ

 

  • プラスチック

 

  • 爪楊枝

 

  • ビニール

 

  • ダンボール

 

  • ヘアピン

 

など、たくさんあります・・・。

 

 

 

誤飲誤食(異物混入)した時の症状

 

 

 

  • 食欲不振

 

  • 嘔吐

 

  • 下痢

 

  • よだれが多く出る

 

  • 落ち着かない

 

  • 呼吸の異常(呼吸が荒い、呼吸困難)

 

  • 異常な咳(気管や肺に異物が刺さる)

 

  • 震える

 

  • 元気がない

 

  • 便秘

 

  • ゲップ

 

  • 血便

 

  • ぐったりしている

 

 

誤飲誤食しても無症状の場合もあります、部屋で様子を見て、おかしいなと思ったらすぐ動物病院へ行きましょう。

 

 

 

異物を食べた場合、喉や食道、腸に詰まることが問題!

 

 

犬が異物を食べてしまって、何が問題になるのかというと、 喉 ・ 食道 ・ 腸 ・ 気道 に詰まってしまうことが問題になります。

 

 

骨や串は、喉や食道に詰まってしまうことが問題になります。

 

 

どんな異物が危険でどのような症状が?! 

 

 

喉や食道に詰まってしまう

 

 

 

慌てて食べたり、ある程度大きいものを食べた場合に、喉や食道に詰まったり、刺さったりしてしまう事があります。

 

 

 

よくあるのが、 

 

  • 米、ご飯

 

  • リンゴなどの角切り

 

  • 果物の種

 

  • 手羽先や手羽元、魚の骨

 

  • おもちゃ

 

  • 焼き鳥のくし

 

 

など。 

 

 

これらが詰まったり刺さってしまった時によくでる症状は、

 

 

  • 呼吸が苦しそう

 

  • せき込む

 

  • 吐きそうなのに吐けない

 

  • 変な呼吸の音や声が出る

 

 

などがあげられます。

 

 

 

これらが気道に詰まってしまうと、呼吸困難になってしまう場合もあるのです。

 

 

 

腸に詰まってしまう

 

 

 

「さきほど異物を食べてしまったけど、今は普通でケロッとしています!」っていうのもよく聞きます。

 

 

 

基本的に、胃に入って直後は、どんな異物であろうと症状は出ません(刺さっているのは別)。

 

 

 

時間の経過とともに食欲不振や嘔吐などの症状がみられた場合は、腸に詰まっている可能性もあります。

 

 

 

犬の腸に詰まって手術になることが多いのは、

 

 

  • 果物の種

 

  • 綿や糸、ヒモ

 

  • おもちゃ

 

  • ビニール

 

などです。

 

 

 

犬の誤飲は腸閉鎖に注意!

 

 

 

犬が誤飲をしても飼い主さんが気付かないこともあるでしょう。

 

 

 

また、飲み込んだ小さなプラスチック片などが胃内に残り、そこに飼い主さんの毛髪や愛犬自身の被毛などが絡まって“毛玉ボール”のようなものを形成し、それが誤飲から数ヵ月や1年以上経ったある日突然、胃の出口の幽門をフタのように塞いでしまったり、腸に詰まったりする例もあります。

 

 

異物が幽門や腸に詰まることを腸閉塞(イレウス)と呼び、早期に治療をしなければ命に危険が及ぶので軽視できません。

 

 

 

異物誤飲や腸閉塞の症状は、元気の消失、食欲低下、嘔吐、下痢、便秘など。

 

 

 

愛犬が急にごはんを食べなくなり、腹痛などが原因でブルブルと震えていたり、胃液を吐いたり、何度も下痢をするようになったら、異物誤飲による腸閉塞を疑って早急に動物病院へ。

 

 

レントゲン検査や超音波検査などで腸閉塞が判明したら、緊急の外科手術が行われるのが一般的です。

 

 

 

まれに、元気に過ごしている愛犬の肛門から誤飲したヒモ状のものが出ていることがありますが、それを引っ張ってしまうと腸が結ばれて閉塞する危険性があるので、引っ張ってはいけません。

 

 

 

異物を食べてしまって、動物病院に行くタイミングは?

 

 

誤飲・誤食が疑われる場合は、すぐ動物病院へ

 

 

もし愛犬が誤飲・誤食をした可能性がある場合、自己判断をするのはやめましょう。水や牛乳、食塩、オキシドールを飲ませる、吐かせようと体をむやみに動かすといった行為は、愛犬の命をより危険にさらす可能性があります。

 

 

すぐに動物病院に連絡を入れて獣医師の指示を仰ぎましょう。

 

 

連絡する際には、わかる範囲でも、

 

 

  • 何をどれくらい食べた可能性があるのか

 

 

  • 誤飲・誤食からどれくらい時間が経っているか

 

 

  • 犬が吐く・震えるなどの症状や異変があるのか

 

 

  • ウンチが出ているか

 

 

などの様子を伝えると診察に役立ちます。

 

 

 

 

 

犬が誤飲誤食(異物混入)を未然に防ぐために出来ること!

 

 

犬の誤飲や誤食は、室内でも屋外でも起こる可能性がありますが、飼い主さんの注意によって予防することができます!

 

 

 

環境の整備

 

 

 

犬が飲み込む可能性が高いものは室内に置かないようにしましょう。特に中毒を起こす可能性のある薬や観葉植物、食品などはしっかり管理しましょう。

 

 

 

犬のおもちゃも遊んでいるうちに噛んで食べてしまうことがあります。丸呑みする恐れのあるサイズのおもちゃは避け、留守番の時や愛犬から目を離す際には、おもちゃを出しておかないことが大切です。

 

 

 

正しいしつけ

 

 

 

お留守番の際にケージやサークルの中で過ごせると、室内を荒らしたり誤飲・誤食をする機会を減らせます。特に子犬はなんでも噛んで口にするため、ケージでお留守番できるようにしつけるといたずらができなくなります。

 

 

 

このとき、犬がトイレシート(ペットシート)をビリビリに破く場合は、メッシュ付きのトイレトレーを使用するのがおすすめ!

 

 

 

また、お散歩中の拾い食いも危険です。室内でも屋外でも落ちているものを勝手に食べないように、ふだんからしつけることも大切です。

 

 

 

その他にも、くわえたおもちゃを指示通りに放す遊びができるようになると、誤飲・誤食対策になります。(^^)

 

 

 

 

ストレスのない生活

 

 

 

犬はストレスを抱えたり、飼い主と離れて過ごすときに生じる分離不安症と呼ばれる精神状態になると、破壊行動をすることがあります。

 

 

 

お留守番中にペットシートをビリビリに破く、ティッシュや犬のベッド、家具の綿が散乱しているといった状況が頻繁に起こる場合は、犬がストレスを感じているかもしれません。(><)

 

 

 

こんなときは、運動はしっかりできているか、愛犬と遊ぶなどコミュニケーションがきちんと取れているか、お留守番が多くないか、ごはんの量が適切かなど、犬にストレスがかかっていないか日々の生活を見直してみましょう!

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?誤飲誤食は犬にとって命を奪う可能性のあることです。

 

 

誤飲誤植をしてしまったらすぐに動物病院へ連絡しましょう。

 

 

症状が出るのは、誤飲してすぐの時もあれば数時間、数日間、数ヶ月間、数年間かかるケースもあります。

 

 

愛犬が苦しまないように部屋の環境を見直すことも大切です!誤飲させないように気をつけ、楽しい生活を送ってください♪♪