犬の下痢は危険?!病院へ行ったほうが良い下痢。

犬の下痢は危険?!

こんにちは!みなさんの愛犬は下痢を起こしたことはありますよね?

 

 

どのような原因で下痢をしてしまうかご存じですか?下痢は様々な原因で起きてしまいます。

 

 

なので、今回は「どのような原因で下痢を起こしてしまうのか」、「病院へ行くべきなのか」お話ししたいと思います!

 

 

犬の下痢の原因

 

 

下痢とは、水分量が増えた状態の便のことです。正常な便には75~80%の水分が含まれていますが、80%を超えると便は軟らかくなり、さらに水分量が増えるとドロドロになり、ほとんどが水分の状態になります。

 

 

食事

 

 

フードが古いと微生物が繁殖する可能性があり、その微生物が作り出す毒素が原因で犬が下痢を起こすことがあります。フード自体が劣化してしまい、お腹の刺激になることもあります。

 

 

食事を見直し、1~2日で改善が見られない時や嘔吐などの症状がある場合には、動物病院を受診しましょう。

 

 

また、食べる量が多すぎると、消化吸収できずに下痢を起こします。犬によっては、特定の食事や食材によって下痢を繰り返す場合には、食物アレルギーの症状として下痢が見られることもあります。

 

 

 

ストレス

 

 

体にストレスがかかると、体内ではホルモンなどのさまざまな物質が放出されます。これが犬の腸を刺激することで下痢を起こすことがあります。

 

 

環境要因でストレスになるものとしては、近所で工事をしている、台風が来た、雷が鳴った、ペットホテルでのお泊りの後などに下痢を起こした場合には、ストレスが原因の可能性があります。また、季節の変わり目、朝晩の大きな気温の変化などもストレスになります。

 

 

多くは1~2日で改善しますが、続く場合や嘔吐を伴う場合には動物病院を受診しましょう

 

 

 

誤飲誤食

 

 

おもちゃを始め食べ物以外のものを食べてしまった場合や、人用の薬・サプリメントの誤食、ごみ箱や三角コーナー内の傷んだ食べ物の盗食など、その形や大きさによっては腸閉塞を起こすことがあります。腸閉塞になった場合、どこで閉塞を起こしたかによって症状は変わりますが、激しい下痢を起こすことがあります。

 

 

また、フード以外のものを盗み食いした場合も、消化できずに下痢を起こすことがあります。

 

 

嘔吐を伴うことが多く、誤食した内容によっては緊急の対処が必要なケースもあります。早めに動物病院を受診しましょう。

 

 

 

ウイルス

 

 

犬の下痢の原因になるウイルスはいくつかありますが、もっとも重要なのがパルボウイルスです。消化管に炎症を起こすことで下痢になりますが、下痢だけでなく嘔吐も見られることがあり、体力があまりない子犬では命にかかわることがあるので十分注意しましょう

 

 

免疫力の弱い子犬や高齢犬などで重症化しやすいです。これらのウイルスはワクチンで予防できるので、適切な時期のワクチン接種が重要です。

 

 

 

寄生虫

 

 

回虫、条虫、鞭虫といった目に見えるような寄生虫や、ジアルジア、コクシジウムといった原虫という種類まで、さまざまな寄生虫が犬に下痢を起こします。ウイルスと同じく成犬よりも子犬のほうが多く見られます。

 

 

便に虫が検出される場合もあるので、病院を受診する際には便を持参すると診断の手がかりとなります。

 

 

 

細菌

 

 

クロストリジウムやカンピロバクター、サルモネラ、大腸菌などの細菌感染が原因で下痢を起こすことがあります。

 

 

これらの多くは、健康な犬の便にもみられますが、腸内で毒素を産生したり、腸内細菌のバランスが崩れることで下痢を引き起こす菌が過剰に増殖することがあります。

 

 

血便を伴うことも多く、重度の場合は発熱や脱水を引き起こすこともあるので、早めに動物病院を受診しましょう。

 

 

 

その他の原因

 

 

子犬ではほとんど見られませんが、成犬~老犬では、慢性腸症膵外分泌不全腫瘍といった病気が下痢の原因になります。慢性腸症は、腸に炎症が起こり、慢性的な下痢になる病気です。膵外分泌不全は膵臓からの消化酵素がきちんと出なくなることで消化ができなくなる病気です。

 

 

下痢が長く続いていたり、血便が出たり、元気や食欲に異常がおこる場合もあります。早めに動物病院を受診しましょう

 

 

 

こんな症状だったらすぐ病院へ!

 

 

子犬の場合

 

 

子犬の場合は、症状が軽くても体力がないため急激に状態が悪化することがあります。そのため、元気や食欲があっても、何度も下痢をしているようなら早めに病院に行きましょう。

 

 

成犬の場合

 

 

成犬は子犬よりも体力がありますが、下痢が激しい場合や嘔吐も見られる場合は脱水の危険があります。

 

 

また、次のような症状が見られたら、緊急性が高い症状なにですぐに病院へ行きましょう。

 

 

  • 水のような下痢を頻繁に繰り返す

 

  • 嘔吐がある

 

  • 便に血が混ざる(血便)

 

  • 便が黒い(黒色便)

 

  • 食欲や元気がない

 

  • 体重が減っている

 

  • 3日以上下痢が続いている

 

 

 

老犬の場合

 

 

老犬は子犬と同じような基準で考えてください。それは、体力や免疫力が低下していることがあるからです。

 

 

 

様子をみて良い下痢の症状

 

 

緊急性の低い症状(2~3日様子をみてもよい)

 

  • 下痢の頻度が少ない

 

  • 血便はない

 

  • 嘔吐はない

 

  • 元気や食欲はいつも通り

 

 

下痢以外にこれといった症状がない場合には、フードやおやつの変更や食べ過ぎ、ストレスなどのよる一過性の下痢である可能性が高いです。

 

 

思い当たる原因があれば取り除いてあげ、1~2日安静にして様子をみてもよいでしょう。ただし、嘔吐など下痢以外の症状がみられたり、下痢がなかなか治らない場合には早めに動物病院へ。

 

 

犬の下痢は人にうつるの?!

 

 

寄生虫性の下痢の中には、人間にうつるものがあります。こういったものは、「人獣共通感染症(ズーノーシス)」と呼ばれます。寄生虫のいる犬の便が口に入ったり、傷口から体内に侵入したりすることでうつります。

 

 

 

犬の下痢を愛犬に近づけないように!

 

 

ウイルス性と寄生虫性の下痢でうつる可能性があります。どちらも多頭飼育で最もリスクが大きく、下痢に含まれるウイルスや寄生虫、寄生虫の卵を口にしてしまうことでうつります。

 

 

このほか、散歩中の道で、下痢自体は片付けられていてもウイルスや寄生虫が残っていて、匂いを嗅いでいるときに鼻先に付いてしまい、それを舐めることで体内に取り込んでしまうことがあります。散歩中にほかの犬の便を見つけたら、近づかないようにしましょう。

 

 

愛犬が下痢を起こしたらどうすれば良いの?!

 

動物病院受診前

 

 

成犬や老犬であれば、下痢をした後は絶食にしましょう。下痢になると腸の動きが活発になりすぎることがあり、食べたものがどんどん下痢として出てしまいます。そのため、腸を休ませるためにも絶食は非常に有効です。

 

ただし、子犬の場合は絶食ではなく少量を頻回に与えてください。これは、食べないと低血糖になる危険があるためです。

 

 

 

痢の様子を記録して診断に役立てましょう

 

 

受診に際し、次のようなことを記録しておくといいでしょう。

 

  • いつから下痢が始まったか

 

  • その前に食事や環境の変化はあったか

 

  • 下痢はどのくらいの状態でどれくらいの頻度でしているか

 

 

これらの情報は診断をするためにも非常に重要です。また、下痢の状態は写真で確認できると、飼い主さんから言葉で説明されるよりも獣医師が正確に把握できます。

 

 

受診後

 

動物病院で、食事の内容や与え方の変更、投薬、環境整備についての指示がされることが多いので、それらを確実に行うようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?犬の下痢は様々な原因であり、重症度もバラバラであるということがお判りいただけたでしょうか?(>_<)

 

 

一番多い下痢の原因は食事の変更やストレスです。これらが原因だった場合には、すぐに原因を排除してあげましょう。フードだったらその犬に合うフード。ストレスだったら、愛犬が嫌っている音などの防止を行いましょう。

 

 

緊急性の高い症状でしたら、すぐに病院を受診しましょう。病院のほうでは、いつ頃からなのか。食事の変更はあったか。ゼリー状の便か柔らかい便なのか。最近家の近くで工事はされているか。下痢以外に元気がないとか症状はあるか(食欲は変わらないのか)。など、聞かれますので、こたえられるようにしっかりと愛犬の様子を見ておきましょう。