犬にシミができる原因はなに?!

犬のシミについて

こんにちは!みなさんの愛犬は急にシミができたりしたことはありませんか?

 

 

今までなかったところにシミが出てきて心配になる方も少なくないと思います。

 

 

では、なぜシミができるのか。病気の可能性はあるのか。についてお話ししたいと思います!

 

 

犬のしみとは

 

 

犬の皮膚に現れているシミは基本的には無害の可能性が高いです。愛犬がそのシミを気にしていなければ、飼い主さんも特に気にする必要はないでしょう。

 

 

シミは刺激でメラニン色素が過剰に産生され、沈着したものをいいます。

 

 

体のどの部位にもシミができる可能性はありますが、腹部などの皮膚の薄い部分や色素がもともと薄いピンク色の犬は、目立つことが多いでしょう。

 

 

 

色は濃くなるの?!

 

 

そして犬の体にできるシミも、人間と同じく加齢とともに色が濃くなりがちです。

 

 

もちろん、子犬の頃から皮膚にシミのようなものがある犬もいますが、多くの犬は年齢とともにシミがはっきりしてくるものなんですね。

 

 

さらに言うと、犬の体にはシミだけではなく黒子(ほくろ)ができることもあります。

 

 

黒子もまたシミと同様に、その部分だけメラニン色素が過剰に生産され、皮膚に色素が沈着している状態。

 

 

若犬の頃は薄い黒子だったのに、シニア期に突入してからは色が濃くなることもあります。

 

 

シミや黒子をみつけて飼い主さんが心配すること

 

 

愛犬の体にシミや黒子を見つけたとき、多くの飼い主さんが心配すること。それは、皮膚がんの可能性ではないでしょうか。

 

 

基本的にシミも黒子も周囲との境界がはっきりとしていて、手触りも周囲の皮膚と同じであれば、過剰に心配する必要はありません。

 

 

気になる場合は、時間の経過とともに大きくなっていないか、形状に変化がないかなどを気をつけて見ていると、ちょっとした変化にも気づきやすくなるので安心です。

 

 

 

問題は、シミや黒子の境界がはっきりとしていなかったり、その部分だけ盛り上がっている場合です。

 

 

また、短期間で急速に大きくなったシミや黒子のようなものにも要注意。

 

 

この場合は様子見をせず、すぐにでもかかりつけの動物病院に相談してください。

 

 

 

シミの原因

 

病気ではないシミ

 

  • 紫外線や物理的な刺激を長期的に受けている場合

 

  • 生まれつきの皮膚の状態でシミができやすい場合

 

  • 加齢

 

何かの刺激によって、皮膚の細胞はメラニン色素を過剰に産生するとシミになります。その刺激が長期的にあるとメラニン産生が活性化し、シミへとつながっている可能性が高いです。

 

 

その他、犬や年齢によって、感受性や免疫バリアに個体差があり、シミができやすいか否かということも異なります。

 

 

 

病気の可能性があるシミ

 

 

  • 内分泌疾患

 

  • アレルギーや皮膚炎

 

  • 細菌や真菌感染

 

 

 

内分泌疾患が原因

 

 

内分泌—ホルモンが下人の疾患の症状として、身体にシミのようなものができることがあります。

 

 

  • クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

 

  • 甲状腺機能低下症

 

  • アロペシアX(脱毛症X、成長ホルモン反応性皮膚症、去勢反応性皮膚疾患)

 

 

全身にまだらびシミが広がっていたり、皮膚の広い部分に黒ずんだシミが見られたりします。

 

 

アレルギーや皮膚炎

 

 

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどは、強いかゆみが特徴です。皮膚を掻く刺激によって、メラノサイトが色素を作り出すことによって、色素が沈着して皮膚が黒ずんでいきます。

 

 

細菌や真菌感染によるもの

 

 

マラセチアという真菌(カビ)や細菌などの感染症が原因で皮膚病にかかっている場合、引き続く炎症の刺激によって皮膚の色素(メラニン)を作る細胞(メラノサイト)が異常反応して、一時的にメラニンを量産し色素沈着するものです。

 

 

完治すると皮膚の状態が良くなっていくため、メラノサイトの異常反応はすぐに治まり、いつもの状態に戻ります。

 

 

皮膚がんなど、腫瘍が原因のシミ

 

 

最もあってほしくないのは、腫瘍性の疾患が原因の場合です。この場合はシミというより、シミのように見えると言うべきでしょうか。

 

 

代表的なところではメラノーマ(黒色腫)であり、これは皮膚の色素を作る細胞が腫瘍化したものです。

 

 

一口にメラノーマといっても悪性と良性がありますが、基本的には茶色や黒系のシミのようなものが発生します。

 

 

しかし、まれに色素沈着を伴わない場合もあり、なんとも厄介な腫瘍。

 

 

メラノーマは人間に比べて犬の発症率は高く、黒い被毛の犬やシニア犬に発症しやすいといわれています。

 

 

メラノーマが発生する部位に決まりはなく、全身のどこにでも可能性はありますが、被毛のある部分の皮膚にできるメラノーマの8割以上は良性。

 

 

ただし、皮膚と粘膜の境界――たとえば唇やまぶたにできるメラノーマは悪性の傾向が高いため、いずれにしろ動物病院でしっかりと検査をする必要があります。

 

 

 

犬の危険なシミの見分け方

 

  • そのシミの原因が炎症によるものなのか

 

  • シミがどのくらいの速さで成長しているか

 

 

 

<炎症が原因の場合>

 

炎症が原因の場合は、犬は痒みや違和感でその武運を気にするようになります。その部分をなめたり、掻いていたりするか、自宅で観察してみましょう。

 

 

<シミの成長スピードが速い場合>

 

 

腫瘍性のシミの場合(特に悪性の場合)、成長スピードが速いことが特徴としてあげられます。発見してから、定期的に大きさを見てみましょう。

 

 

効果や物差しなどを横に置いて、大きさの基準になるものと比較するとわかりやすいです。

 

 

気になるシミがあったら受信するのが一番ですが、その際にこれたの情報があるとより診察もスムーズになる可能性が高いでしょう。

 

 

愛犬にシミを見つけたら

 

 

獣医師の診察を受けた上で、皮膚組織の検査などをしてもらうのが最も確実ですが、その前の段階として、自宅でシミを見つけたら、冷静に観察してみましょう。

 

 

  • どの場所にできているのか

 

  • 付近に似たようなシミはあるか

 

  • シミに厚みがあったり立体的などの特徴はあるか

 

  • 大きくなるスピードはどうか

 

  • その場所を犬は気にしているか

 

 

上記などのポイントをまとめておいて、受診の際に獣医師に伝えられると有意義な情報になります。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?犬のシミはほとんどが無害です。ですか、シミを犬自身が気にしだしたら、病気のサインかもしれませんので、一度動物病院で見てもらいましょう!

 

 

今までなかった場所にシミができてびっくりするかと思いますが、落ち着いて観察するようにしましょう。

 

 

上記にも書きましたが、シミを見つけてからどのくらいのペースで進んでいくのかなども見ておきましょう!

 

 

愛犬の健康管理は飼い主さんがしっかり見るようにしましょう!